FC2ブログ
02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

ひろしとのこと9 自宅2

2019.03.04 (Mon)


夫婦の大切なこの家で、その主人以外の男の人に抱かれたこと、
実は、この時が、初めてではありませんでした。

前に書いたことがある、勤めていた司法事務所の若い弁護士のよし君、
理由付けをして訪ねてきたんですけど、
私が手際よく作ってあげた朝ご飯を済ませた後、
彼に求められるがまま、このリビングで、身体を繋げあったことがあったんです。
でも、それって、もう、随分と前のようにも、思えていたんですけど。

よし君とのことは、カテゴリ「よし君とのこと」からどうぞ

15.jpg

私の背中に被さった彼、私の肉壁のひだを味わうように、
ゆっくりと、けれど、奥深くまで、突き入れられ続けた嫌らしい腰、
その動きに、誘われるように、私、彼に合わせるようにして、
腰、振り出してしまっていたのです。

知らない間に、ブラウスもスカートも、
だらしなくリビングのフローリングの上に脱ぎ捨てられているのが、
両足の間に見え、
私の裸の身体を隠すものは、もう、何もなかったのです。

そして、背中から回された彼の手のひらが、
乱暴に乳房をもみ、乳首を摘まむことも、
もう、身体を繋ぎ合った女として、
彼からされるがままに、許してしまっていたのでした。

back_5252-006s.jpg

幾らもしないうちに、二度、深い悦びに声をあげさせられ、泣き声を漏らしましたが、
彼の乱れた息遣いに、このまま、精液、
身体の奥に、出されてしまう危うさを感じて、我に返りました。

「駄目よ」
「生で、順子の中に、出してやるよ」
「嫌、それだけはかんにんして」
「欲しいんだろ、俺のもの。あぁ、良い、出そうだ」

唸るような彼の声を聞かせられたのは、その、直後でした。

それまで以上に、私の身体の奥で、膨らんだ彼のもの、
けれど、私、転がるように、彼のもの、身体から抜くと、
その瞬間まで、私を悦びに誘い続けていた、
二人の愛液で、ぬるぬるに濡れて膨れ上がった彼のもの、
言われもしないのに、慌てるようにして、お口に含んだんです。

何度も脈を打ちながら、お口の中に注がれる、強い匂いの彼のしるし、
たくさん出してもらいたくて、舌を絡めながら、
激しく髪、揺らし続けてしまったのでした。

02455.jpg



「誰か来たの」
「えっ、そんなことないわよ、今日は、誰も来なかったわ。どうして」
「別に、なんだか、そんな気がして」
「ほらっ、あなたの好きな、中田屋のきんつば、買ってきたわよ」

いつものように、帰ってきた夫は、ネクタイを緩めながら、二階に上がろうとしました。
けれど、その時になって、気づいたんです。

夫ではない彼が、驚くほど沢山、私のお口に注いだ精液、
含みきれない、飲み下せなかったものの幾筋かが、
くちびるを伝いフローリングにこぼれたのがわかって、
後で、一生懸命、拭いたはずだったのに、
ファブリックのソファーの足の向こう側に、白い数滴、ぬぐいそびれていたことを。

miyuki_sakura_4761-012s.jpg

顔から血の気が引きそうでした。
けれど、そんな私の狼狽に気が付かなかった夫、
ゆっくりと階段、上がって行ったのでした。


「いつ、だったら、いいんだ」
「えっ、何が」
「生で出せるの、いつだったら」
「嫌、そんなこと」
「欲しいんだろう、俺の」

営みの後、ソファーの上で、ブラウスを羽織っただけの、裸の私を抱き寄せ、
胸の膨らみ、ゆっくりと楽しみ続けていた彼にそう言われ、
幾筋も喉を伝え流れた彼の濃い精液、思い出してしまった私、

9708b51b-s.jpg

彼のものが、そのまま、身体の奥に注がれる、
そう思ったのと同時に、悦びの名残の麻痺、
彼の手がゆっくりいと這い回る身体を、ぶるぶるって震わせたのでした。

creampie_sex_5094-015s.jpg


関連記事
13:17  |  ひろしとのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(7)
 | HOME |