FC2ブログ
02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

ひろしとのこと12 帰宅

2019.03.25 (Mon)


玄関のドアを開けると、
毎日モップを掛けているリビングに続くフローリングの一部が、
幾らか曇っているように感じました。
自分の家に帰り着いた瞬間、
ここに住んでいる、当たり前の人妻の顔に戻っていたんでしょうね。

floor_24_top.jpg


小さな茶色のトラベルバッグを、リビングのソファーに下ろし、
シャワーを使うために、バスルームに向かいました。

彼に、言われるがままに、身体を開いた自分の身体に、
熱いほどのお湯をあて、
あきらめたようにひとつ、小さな息を、吐いたのです。

bathroom_6086-009s.jpg

何も身に着けない濡れた身体に、日頃より、随分と丁寧に、バスタオルを使いました。
それは、彼に抱きしめられ、首筋に濡れた舌先を、幾度も感じていた時間、
意識が薄らいだ、その思い出せない時に、
もしかしたら私の白い肌に、彼のくちびるの跡、
くっきりと、付けられているかもしれなかったからです。

長い黒髪、細い首筋、なだらかな肩口と、そして、豊かな乳房、
そんな鏡に映る自分の裸の姿を眺めながら、
この身体を、あれほど愛してくれた彼との時間、
ぼんやりと思い出そうとしていたのでしょうか。

furo_agari_4991-026s.jpg


昨日のお昼過ぎに、
初めて、私の身体の奥に、自分の精液、そのまま注ぎ込んだ後も、
私の身体、なかなか放してはくれなかったし、
夜、私を泣かせ続けた長い営みの終焉の時にも、
そして、今朝、薄いレースのカーテンから差し込む、淡い朝日に包まれながら、
二人の、裸の身体、絡ませ合い、繋ぎ合った時にも、
その度、熱く、驚くほどたくさんの精液、しっかりと注がれてしまったんです。

resize_img (5)


それはもう、取り返しのつかない時間でした。
その時のことを思う今、
何の妨げるもののないままに、自分の身体の一番奥に注がれた、
彼の洗い流せないもの、
だんだんと、身体の中に、染み込み始めているような、
そんな心持を感じて、胸に手を当てた私、
そっと、目を閉じてしまっていたのでした。

creampie_sex_5094-015s.jpg



関連記事
10:06  |  ひろしとのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(8)
 | HOME |  NEXT