FC2ブログ
02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

ひろしとのこと11 精液

2019.03.18 (Mon)


なぜ、彼に、ここまで惹かれてしまったのでしょうか。
端正な顔立ちと、社会的にも満たされた生活、
でも、それだけで、私がここまで振り返るとは、思えなかったのでした。
なぜなら、そんな男の人は、これまで、私の前に、何人も現れていたからです。

ただ、私がこれまで、お付き合いをさせていただいた男の人と違うのは、
いかにも、彼自身が、自分勝手だったところでした。

今まで、私とお付き合いのあった男の人たちは、
皆、どうかすると、自分のことよりも先に、私のことを気遣ってくれていました。

確かに、目的は、私の身体と繋がることだったことは、違いないんだろうけど、
そこまでの時間では、食事や、泊まるお部屋、そして、言葉遣いまでも、、
私のために、こころを砕いてくれていたと思えるのです。

750_kamofoir.jpg

それが、彼には、幾らも感じることは、ありませんでした。
むしろ、困るような表情を見せる私を、楽しんで見ているようにも思えたし、
それは営みにさえ、感じられたんです。

自分のもの、私のお口に入れる時も、息が詰まるほど抱き締める時も、
必要がないと思えるほど、乱暴だと思えることが多かったんです。
そんな彼に、こうまで惹かれてしまったのは、どうしてなんでしょうか。
彼みたいな人、私の周りにいなかったからだけなんでしょうか。

6425d3ea-s.jpg

バスタオルも巻かせてくれなかった私の裸の身体を、
放るように、乱暴にベッドに倒すと、
私の足首を持った両手を広げ、太ももを開きました。

1493-21s.jpg

「一度、出すぞ」

嫌らしい眼差しで見下ろしながら、そう言うと、
自分の男の人のもの、片手で摩りながら、逞しい腰を押し付けてきたんです。

もう、初めてではなかった彼の男の人のものが、
まだ、潤いの足りないとも思えた秘唇を、きしませるように押し開くと、
それだけで、私、細い声を叫びながら、胸を仰け反らせ、
たわわな乳房を揺らしてしまっていたんです。

「堪らないね、締りが」

私の中を楽しむ彼に突かれながら、あっという間に、朦朧とさせられ、
恥ずかしい声をあげながら、彼の広い背中に両手を回すと、
手繰り寄せように、抱き締めていました。

sex_5741-052s.jpg

数か月の間に、何度か、彼に抱かれているうちに、
もう、お互いの身体、馴染み始めていたのでしょうか、
幾らもしないうちに、私、悦びに昇り詰めることを告げると、
それに合わせるようにして、彼の息も乱れ始め、
それまで以上に、深く、奥にまで、突き入れ始めたのです。

「ほらっ、今」

そう言われて、一瞬、身体を硬くしたようにも思えましたが、
それ以上に、彼のものを搾り取るように締まり始めた自分の肉壁、感じていたんです。

夫のこと、ほんの僅かも、こころに浮かべることはありませんでした。
今はただ、彼の白い精液、自分の身体の一番奥に、
残すことなく出してもらいたかったのでしょうね。

曇った彼の声が、聞こえると、息の詰まるほど、抱き締められ、
とうとう、その時が訪れたこと、知らされました。
どくどくって、身体の奥に突き入れられた彼のものが、
太くなり、脈打ちだしたのがはっきりとわかりました。

そして、お腹の中が、温かくなったことを感じた時、
私、その温かさに誘われるように、声にならない声を叫びながら、
目のくらむような悦びの頂に、昇り詰めていったのです。

see473.jpg


関連記事
12:27  |  ひろしとのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(8)
PREV  | HOME |  NEXT