FC2ブログ
01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

ひろしとのこと7 嘘

2019.02.18 (Mon)


「今日、南さんと逢ったよ」
「へぇ、珍しいわね」
「香林坊で突然雨が降りだして、Tたちと入ったお店が、
ほらっ、偶然、南さんの店だって話」
「まぁ、南さん、驚いてたでしょ」
「あぁ、お互いびっくりしたさ」

南ちゃんのこと言われ、ちょっと、どきってして、
思わず、けれど、慌てたこと、主人に気が付かれないように
そっと、ワイングラスに手を伸ばしました。
そうですよね、私が今、夫にも内緒で逢っているひろしを紹介してくれたの、
南ちゃんなんだから。
でも、話はそれだけでは、済まなかったんです。

s_003a.jpg

「そういえば、主計町の小料理屋で、南さんや、えーと、何て言ってたかなぁ、
 あぁ、ひろしだったっけ、三人で、飲んだんだって、南さんが、話してた」
「えぇ、ほらっ、ちょっと前、同窓会の打ち合わせで、
 南ちゃんと逢ったって言ってたでしょ、あの時のことよ。
 あぁ、ひろしさんて言うのね、あのひと」
「でも、そいつ、気を付けた方が良いって、南さん言ってた。
 女癖が悪くて、何人も泣かせてるみたいなんだって」
「まぁ、あの人そんな人なのね。
 関係ないわ、大好きなのは、パパだけなんだから」
「そうだよね、順子は、男運がいいからね」

食事の後、洗い物をしながら、
ひろしとのことで、いつの間にか、私、
大切な夫に、嘘をついてしまうような女になってしまっていたことに気付くと、
私、小さな吐息を、吐いたのでした。

それに、夫とその話をしたのは、
私が、能登のリゾートホテルで、ひろしに初めて身体を開き、繋がり合い、
狂ったような時間を過ごした、僅かに二日後の週末だったのです。

sex_4610-011s.jpg


4c31aab3f966087a480bce7b9765d70c6171aed2.jpg

「さて、今夜のご機嫌は、どうかな」

そう言って、パパが私のベッドに入ってきました。
私らしくもなく、いろいろと理由を付けながら、
パパのこと迎えられない周期の時じゃなかったのに、
夜のお誘い、何度も断り続けていたのです。

10000000.jpg

なぜだか、私自身にも分かりませんでした。
とにかく、あれほど好きなはずのパパから触られること、
どうしようもなく、居たたまれなく感じられたのです。

人妻として、愛している夫以外の男の人から、
指一本触れられるのに、ひどい、嫌悪感を感じていました。

だから、夫から、勧められるがままに、
初めての男の人の手の平が身体を這い回る時、
言いようのない感情が沸き上がってしまっていたのでしょうね。
そして、それが、逆に、悦びを深くしてしまっていたのだと、思います。
それは、自分の、夫への愛情の深さからだと、思っていたのです。

その、夫ではない男の人に感じてしまう嫌悪感に似た感情が、
今、最愛の人であるはずの、夫に対して、感じられてしまっていたのでしょうか。
それは、夫ではない彼に、
あれだけ激しく、抱かれ続けられたせいだったのでしょうか。

「久し振りだから、たっぷり、出してあげるよ」

そう言われた営みの終焉の間際、
自分の身体の奥で、
男の人のものの先から吹き出す、粘り気の強い白い精液を思い浮かべながらも、
よぎったのは、まぎれもなく彼の満足そうな笑み。

私、夫ではない彼の名前を叫びそうで、
痛いほどくちびるを噛みしめると、
その笑みに誘われるようにして、昇り詰めてしまっていたのです。

sex_6576-114s.jpg

関連記事
13:03  |  ひろしとのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(13)
 | HOME |