FC2ブログ
01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

ひろしとのこと4 秘密

2019.02.04 (Mon)


彼の、恐ろしいほど反り返った男の人のものの先が、
薄っすらと開いていただろう、おびただしく濡れそぼった私の秘唇を何度も擦り、
滲み出たお互いの愛液が、
二人が繋がり合うための準備、もう、充分にできていることを知らせていました。

sex_6509-039s.jpg

そして、彼の煮えたぎるように熱い反り返ったものが、
私の肉壁をきしませるように、押し開き、進み、戻り、また、進み、
とうとう、身体の奥にまで、しっかりと迎え果たしたことがわかった瞬間、
経験のないほどの、強い悦びのために、
私の腰は、跳ね上がり、
それ以上の悦びを求めて、お互いの恥毛が絡みあうように、
今までの自分は、知らないような細い声をあげながら、
彼に自分の腰、擦りつけていたんです。

see376s.jpg

「いいだろう。、俺に抱かれた女は、皆、そう言うんだ」

続けて二度目の悦びに打ち震えるまま、そう言われて彼を見上げると、
くちびるを舐める、いやらしい笑みが見下ろしていました。
それは、自分のもので、これだけ、私を強い悦びに誘い、
泣かせたことに、十二分に満足した笑みだったようにも見えたのです。

麻痺に震える私の柔らかい身体の上に倒れ込み、抱きしめてきた彼、
ぶつけるようにくちびるを求めた私は、彼の逞しい腰に、自分の両太ももを絡めると、
彼が言った言葉に応えるように、二人の性器のしっかりと繋がり合った腰、
それまで以上に、激しく、擦り上げてしまっていたのでした。

222.jpg


彼の求めるがままに、身体を繋げあいました。
引き上げた腰に、後ろから覆いかぶさった彼。
両乳房を、下から持ち上げるように揉み上げながら、
それまで以上に、驚くほど固く感じた男の人のもので、
突きさすようにして、激しく私の身体を犯し続けたんです。

pakopako_sex_6828-011s.jpg

それまでとは違う、更に深い奥にまで彼のものの先を感じると、
私は、彼のものが届いているだろうと思るお腹に手を当てながら、
どうしようもない快感から、逃れるように髪を振り続け、
恥ずかしい声、あげ続けていました。

強い突きに朦朧となりながら、何度か、お尻を叩かれる音を聞かされました。
これまで、男の人との営みの中で、そうされたのは、初めてだったのかもしれません。
けれど、その鋭い痛みには、私がその時まで以上に、彼のものに染め上げられること、
思い知らされたような気がしていたのです。

「良いって言うんだ、じゃないと、止めるぞ」

そんな恥ずかしいこと、言えるはずもなかったのに、
もっと、もっと、深い悦びが欲しくて、
シーツに顔を埋め、髪を振り乱しながら、彼の望む言葉、叫んでいたんでした。

back_5252-031s.jpg

数え切れないほどの悦びの頂に昇り昇りつめ、息も絶え絶えになった私の身体を、
しっかりと性器で繋げたまま、自分の腰に跨らせた彼。

下から突き上げ続けられた私は、たわわな乳房を揺らしながら、
彼のために、そして、自分の身体が求めるがままに、腰を揺らし続けていましたが、
彼の指先が、二人の繋がった性器に伸びて、濡れた柔芽を摩るたびに、
私、声を嗄らして、泣きじゃくっていたのです。

b689b57f-s.jpg

夫のこと、ほんの僅かも、こころに浮かびませんでした。
その、目を被うばかり姿の間、彼から与えられる、深く怖ろしいほどの快感を、
ただ、求め続けるしかなかったのです。

パパ、ごめんなさい、隠してて。



関連記事
13:23  |  ひろしとのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(8)
 | HOME |