FC2ブログ
01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

ひろしとのこと8 自宅

2019.02.25 (Mon)


息の詰まるほど、強い力で抱き寄せられると、
抗う間もなく、くちびるを重ねられました。

17dbdc90.jpg

いえ、それは、私がそのことを、幾らかでも待っていた証だったのかもしれません。
懐かしく思われる舌が、お口の中に差し込まれてくると、
逃げることもしないで、自分から舌先、絡ませてしまっていたのですから。

「待ち遠しかったんだろ」

その言葉に正直に応えるように、胸元を押し返そうとしていた両手は、
いつの間にか彼の広い背中に廻され、
少しだけ、背伸びをするようにすると、くちびる、ねだってしまっていたのです。

59ce7fee.jpg


玄関のチャイムが鳴ったお昼前、インターフォンの画面を見ると、
思いもしなかった彼の姿が。
どうしてって、ひどく狼狽えました。

そのまま、ドアを開けなければ、それで済むことだったのに、
ふらふらと、何かに引かれるようにして玄関ホールに向かうと、
震えるような手で、ドアロックを外してしまっていたのでした。

「仕事で近くまで来たんだ。順子の身体、思い出して、ほらっ、こんなに」

そう耳元で言った彼の手に引かされた手、スラックスの前を触れると、
男の人のものを、形が分かるくらいに硬くしていること知らされ、
その途端、頭の中に、うっすらと霧のようなものが広がり、
息遣いが荒くなったこと、自分でも分かりました。

tekoki_2367-040s.jpg


二週間ほどの前の日中に、
その、驚くほど大きく、反り返ったもの、強引に身体の奥に迎え入れさせられ、
夫のある人妻だというのに、夫ではない男の人から与え続けられる強い悦びに、
永い時間打ち震えながら、過ごしてしまっていたのです。

「これ、そろそろ、欲しくなった頃だろう」

リビングのソファーの背に両手を突かせながら、
スカートから手際よく下着を抜き下ろすと、身体を被せてきたんです。

燃え上がるように熱く感じられた彼の懐かしい男の人のものが、
太ももに触れ、裸のお尻をなぞりました。
悲鳴を上げて逃げても良かったはずなのに、
セーターをたくし上げ、ブラを外そうとした彼の手、むしろ、
自分から手助けしているようにも思えたのです。

「ほら、これ、入れて欲しいんだろ。だったら、そう、言えよ」

そう言われるまでもなく、触れ続けられる彼の熱いものに誘われるように、
太ももを流れ伝うとも思えるほど、にじみ出した愛液を感じてました。

stand_doggystyle_2554_026s.jpg

昼下がりの家に、何の約束もしないままに、入り込んできた彼、
人妻であるはずの私と、まるで、恋人を相手にしているようにして、
今、身体を繋ぎ合おうとしていたんです。
そして、そんなあってはならないならない時間を、
私、抗うことなく、迎えようとしていたのでした。

「さぁ、入れるぞ」
「駄目よ」
「俺たち、もう、他人じゃないんだから」
「嫌、かんにんして」
「あんなに、俺のもの、欲しがってたじゃないか」
「あぁ、言わないで」

そんな私の言葉を聞かないようにして、
とうとう彼のもの、私の気持ちとは裏腹に、
迎える準備をすっかり済ませていた濡れた秘唇を、押し開きだしたのです。

stand_doggystyle_2554_003s.jpg

関連記事
12:57  |  ひろしとのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(10)
 | HOME |  NEXT