FC2ブログ
12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

ひろしとのこと3 誘い

2019.01.28 (Mon)


19.jpg

贈り物で頂いた車海老の背ワタを、爪楊枝で抜き取りながら、
夕食の準備をしていましたが、
なぜだか、急に手を止め、虚ろな眼差し、キッチンのブラインドに向けました。

a42bcd0c.jpg

竪町のバーでの出来事以来、そんな時間が増えたようにも思えていました。
彼から飲まされた、カクテルの酔いに、
そして、強引な彼に任せて、
夫ではない男の人と、くちびる、重ねあってしまったのです。

そんな、人妻として、あってはならないこと、
初めてではなかったけど、
今度のことは、私にとって、これまで以上に、こころと身体に刻まれたことだったのでしょうか。


洗って濡れた指先が、くちびるにそっと触れると、
あの時の、彼とのくちづけの味を、思い出そうとしたのでしょうか。
だらだらと唾液をしたたらせながら、お互いの舌を絡ませ合いながら、
恥ずかしい声、漏らし続けてしまったあの時のことを。

tumblr_ntuec0BJbT1u8m4aeo3_1280.jpg

そんなくちづけの味を、思い出すまでもなく、
彼のことがこころに浮かぶと同時に、身体は正直に、燃え上がろうとしていたんです。
なぜだか、分かりませんでした。
確かに、彼は、一回りほど年下の、若くて魅力のある、
心惹かれる青年であることは、間違いはありませんでしたが、
人妻あるが私が、これほど身を焦がしてしまう人ではないようにも思えたのに。

夕食の準備の途中だったのに、ふらふらと、寝室のある二階へ向かいました。
そして、階段を登りながら、おびただしい蜜液が、
明らかに下着を濡らしてしまっていることに、私、気が付きました。
それは、あの時、求められながらも、かろうじて拒んだ、
彼を迎え入れるための、しるしのようにも思えたのです。

この燃え上がるような身体の疼きを、
今は、自分の指を使って、治めるしかないと思え、
胸元に手の平を添えると、小さな息、ひとつ漏らしたのでした。

onanie_6888-028s.jpg

「えっ、何か言ったの」
「このエビフライ、美味しいねって言ったんだよ」

そう言った夫の、脂ぎったくちびるを見つめながら、
その瞬間、こころは、目も前の夫ではない、違う男の人のくちびる、
重ね合い、啜り合った、彼のあのくちびるを思っていたのでしょうね。

147e90fc3c338c69b76b80d7f59b0853.jpeg


時間が解決してくれるだろうとも、思っていました。
あの夜のことは、思いもかけない時間だったけど、
暫くすれば、きっと、忘れられるわ、と。
けれど、彼は、許してはくれなかったのです。


竪町での恥ずかしい夜から、二週間ほどしたお昼時、
彼からの、待っていてはならない、その誘いの連絡があったのでした。

私のことを想うと、仕事が手につかないって、
ご主人のことがあるだろうから、平日のお昼に、逢いたいって。

「私もあの時のこと・・・」

夫のある人妻として、言ってはならないこと、そう、彼に告白してしまいそうになり、
電話口で、ひどく取り乱してしまった自分のこと、今も覚えているんです。

ntr_6401-013s.jpg



関連記事
13:23  |  ひろしとのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(10)
 | HOME |  NEXT