FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

暗がり坂の夜2

2018.12.03 (Mon)


kazueyakei810A.jpg


さっきのお店の二階なのかしら、
木製の障子戸の向こうからは、幸いな淡い月明かりが射し込んでいるようにも感じていました。

「さぁ、貞操な人妻から、恥ずかしい、ふしだらな女になるのよ」

階段を抱きあげるように運んで、
酔っておぼつかない私の身体、布団の上に寝かせてくれた女将さんから、
きつく耳たぶを噛まれながら、そんなこと、熱い息の中で囁かれたような気がしました。
そして、女将さんの身体が離れた後の暗がりの向こう側には、
何も身に着けない、彼の裸体が浮かび上がっていたのです。

2qv673f6.jpg

「いけないわ」
そう、言いかけた時には、なぜだか、何も身に着けていない太ももの間に、
彼の熱い腰を感じると、
迎え入れるには潤いが足りないと思えた秘唇に、
彼の驚くほど太い男の人のもの、きしむようにして、押し入れられてきたんです。

けれど、自分の肉壺の、一番奥に届いたことを正直に告げるように、白い身体を仰け反らせた私、
短くも鋭い悦びが全身を走り抜け、自分ではどうしようもない麻痺が、たわわな乳房を揺らしました。

pakopako_sex_6828-026s.jpg

「欲しいんだろ、僕の精液」

薄墨色の湿った空気の中から、そんな彼の曇った声が聞こえたような気がして、
驚いたように大きく左右に髪を揺らしたのに、
それまで以上に、二度、三度と強く、深く、奥にまで押し入れられ、
膨れ上がり脈を打ち出した男の人のものに応えるように、
私の肉壁、彼のもの、正直に締め付けだしていたのです。

sex_4610-030s.jpg

身体の中が、暖かくなるのを感じるのと同時に、声にならない叫び声を上げたような気がしました。
そして、同時に、目の前が真っ白になるような悦びの中に、引きずり込まれていったのです。



「順子、大丈夫? もう、帰るわよ」

部屋に入ってきた南さんから、そう、声を掛けられました。
いつの間にか、お店の二階にある和室の布団の上に寝かされていたんです。
私、慌てて、胸元に手を当てました。

やだぁ、下着姿だわ。
えっ、じゃぁ、今の恥ずかしい出来事、夢ってこと。
あぁ、良かった。
今夜、初めて会ったっ逢った年下の男の人に、あんなに情熱的に抱かれて、
そして、彼の精液、注がれてしまうなんて、主人に話したら、ひどく叱られちゃう。

「洋服がしわになるといけないから、ハンガーに掛けておいたわよ。
 それにしても、順子、お酒、弱かったのね。あのくらいで、酔っちゃうだなんて」

erogazou_7307-022s.jpg



笑顔で送ってくれた女将さんにお礼をいいながら、お店をでました。
あぁ、結構、遅い時間、パパ、心配してるかも。

「彼、先に帰っちゃったけど、今度は二人だけで逢いたいって言ってたわよ。
電話番号教えてたから、よろしくね」

南さん、そう言うと、意味ありげな微笑みを見せたのでした。



主人は先に休んでいたので、シャワーを使いました。
白い身体を伝い流れる温かなお湯に身を任せながら、
でも、なんだか、いつになく全身に広がる、けだるさを感じてもいたのです。

思い過ごしかもしれません、いえ、きっと、そうだと思えるんですけど、
それは、夫に、そして、夫ではない男の人に抱かれた後の、あの時のけだるさに似たものでした。

bathroom_6086-006s.jpg

まさか! そう思うと、思わず、ゆっくりと秘唇の溝に指先を当て、
そっと、少しだけ、その先を滑り込ませてみました。

012123.jpg

もしかしたら、酔いの中で、彼に抱かれ、夫ではない男の人の印、
身体の奥に出されてしまっていたのかもしれないとも、思われたんです。
けれど、幸か不幸か、伝い流れる温かなお湯が、
しっかりとしたその答え、教えてはくれなかったのでした。

それから、暫くして、二人だけで逢いたいって、彼から電話がありました。
その時のこと、主人が許してくれたら、いつか書いてみたいと思っています。

関連記事
15:28  |  ひろしとのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(14)
 | HOME |