FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

山城温泉7

2018.10.23 (Tue)


昨日、二度、私の身体の中で思いを遂げた彼、
二日目も夜遅くまで、私の裸の身体、離してはくれませんでした。

rich_sex_6734-153s.jpg


そして、この旅行で、最後になった三日目の朝、
朝食を終えた後、お湯を使って帰り支度を終えた私でしたが、
内線で彼の部屋に呼ばれました。

ドアを開くと、窓際の椅子に座っている彼の後ろ姿が見えました。

「こっちにおいで」

私に気づいたのでしょう、そう言って、小さく手をあげました。

お帰りの用意、もう、できたのかしら。
そう思いながらNさんの近づいて、その時、気づいたのでした。
上着は緑色の趣味の良いポロシャツを着ていたのに、
下には何も履かないで、椅子に座っていたんです。

「もうすぐ、お別れだと思うと、ほら」

そう言うと、もう、先から透明な液を滴らせ、怒ったように膨れ上がった彼の男の人のもの、
ゆっくりと擦り上げていたんです。

私を、幾度となく強烈な悦びに誘った、そして、狂わせたそれを見せつけられ、
彼が、今、どうして欲しいのか、すぐにわかりました。
そんな私に、追い打ちをかけるように、

「裸になってごらん」

とんでもないことのはずなのに、身体の隅々まで知られた、他人ではないせいでしょうね。
言われるがまま、私、小さな息をひとつ漏らすと、
ゆっくりとワンピースのボタンを外し、下着を脱ぐと、傍らの椅子に掛けました。


私、ふらふらと彼の前に膝間突き、息を弾ませながら、
私を狂わせたものに頬摺りしていたんです。

0ee5e817-s.jpg



ワイパーが規則正しく、折悪く降りだしていた細い雨粒を、拭き取り続けていました。
二日前に私を降ろした駅に来ていた主人の自動車に乗り込むと、
何も言わないまま、目を閉じたのです。

お口の中に注ぎ込まれた、青臭く強い匂いの、おびただしいNさんの精液が、
今、身体の隅々にまでに、ゆっくりと染みわたっているのが分かりました。

「これが消える前に、また、逢おうね」

私がブラを付ける前、乳房に自分が付けた淡いキスマークに指先でなぞり、
Nさん、そう言いながら向けた、満足げな笑顔を思い出し、
私、胸にこみ上げるものと同時に、目頭が熱くなるのを感じていました。。

cleavage_7306-030s.jpg

夫は何も言いませんでした。私は何も言えませんでした。
自分ではない男に、大切な妻を抱かれた夫と、夫ではない男の人に、抱かれた妻。
私たち夫婦と、Nさんたちとの関係が、これからどうなっていくのか、
その時は、何もわからないままだったのです。

007_o.jpg






関連記事
14:14  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(12)
 | HOME |