FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

山城温泉5

2018.10.10 (Wed)


「もう、お願い、かんにんして」

数え切れないほど、悦びの頂に昇り詰めました。
どうか、なってしまうかもしれないって、そうも思えるほどでした。

身体の相性って、あるんでしょうね、
もう、無理だって思っても、改めて身体を繋ぎ合うと、
それまで以上に、目もくらむような悦びを感じさせられていたんです。

pakopako_sex_6828-026s.jpg


「月に一度は、こうして逢いたいね」


身体を揺すられ、舌先を絡め合いながら、そう、言われました。
息も絶え絶えに、彼の逞しい腰の動きに太ももを開かれ、
恥毛を絡ませ合いながら、それでも、彼の背中を両手で引き寄せながら、
また、襲ってくるだろう悦びの予感を感じている時でした。

そんなこと、できるはずもないのに、しちゃいけないのに、
そう、思いながらも、こうして、彼から教えられた身体の悦びから、
逃れられるのか、自分でも不安さえ感じ始めていたのです。

「あなたの、愛人にしてください」

もしかしたら、そう、言ってしまったかもしれません。

夫には内緒で、いえ、もしかしたら、夫にも公認のうちに、
定期的に、喜んで彼に抱かれるために、逢瀬を重ねるような関係になってしまう、
そうなるかもしれない、そう、思えたんです。

少しずつ、動きの速くなった彼の腰を、迎えるように両手で引き寄せ、
近づいてきた桃色の頂を、身体の望むがままに迎えようとしていたのでした。

sex_5741-125s.jpg

午後に、一度、私の中に済ませてたけど、
夜、永い時間、私のこと、抱いていたせいでしょうね、
Nさん、いつになく、堪え性をなくしていました。

覆い被さったまま、重なり合ったお互いの胸の隙間から、差し込んできた手のひらで、
私の乳房の柔らかさを楽しみ、腫れるほど吸い続きけていたくちびる、
唾液の滴らせながら重ね、息遣いを荒くし始めていたのです。

「たくさん、あげるから」

耳たぶを甘噛みされながら、熱い息遣いの中でそう言われた私、
人妻でありながら、夫ではない彼の首に両手を絡め、
私、覚悟を決めたような大きな息をひとつすると、驚いたことに、そっと、二度、頷いていました。

そして、その瞬間を思い浮かべながら、ふたりが、一緒に悦びの瞬間を合わせられるように、
腰、浮き上がるように擦りつけてしまっていたのです。

sex_5741-052s.jpg

彼の曇った唸り声と、それまで以上に力の感じられた、私を抱きしめていた腕が、
その時を告げていました。
私の身体の一番奥に、膨れ上がった彼の男の人のものが、
彼のしるしである熱い精液、脈を打って注ぎ入れ出したのです。
そして、それにに誘われるようにして、私の肉壁が、そんな彼のものを、
上手に絞り出していることがわかると、
泣き声を聞かせた私、目も眩むような悦びの頂に、昇り詰めていったのです。

rich_sex_6734-027s.jpg



何も身に着けない姿のまま、彼の胸に抱き寄せられ、その夜を過ごしました。

茜色の淡い灯りが、裸のふたりを照らしていて、
時折り、思い出したように、彼の慣れた手の平が、
私の、さらさらとした肌触りの乳房、そっと触れていたんです。

昨夜のことを、思い出していました。
おびただしい液を注ぎ入れられ、麻痺の治まらない私から、身体を離そうとした彼、
なぜだか私、その背中に廻していた両手に力を込めて、息を荒げながら抱き寄せていました。

まだ、身体の中で繋がっている彼のもの、離したくなかったんでしょうね。

夫との間に赤ちゃんが欲しかった新婚のころ、大切な男の人のしるし、一滴残らず欲しくて、
両膝を胸に付くほど折り曲げられ、繋がったその姿のまま、
ずっと抱いてもらうこと夫にお願いしたこと、よくありました。

溢れるほど注がれた、大好きな夫の温かな液が、
身体の一番奥の、更に深いところにまで伝い流れることを感じながら、
それは、涙の出るような幸せを感じた時間だったんです。


自分の身体から、離れようとした彼を、思わず抱き寄せてしまった私、
その時の私にとって、夫以上に、離れられない大切な人だったのかもしれませんね。

berochu_5205-064s.jpg

「ああん」

硬さを失わない彼のものが、ヒクついてただろう私の秘唇からそっと抜かれると、
小さな艶めかしい声を漏らしましたが、
彼の手、ゆっくりと私の白い太もも、開いたんです。

身体を走る麻痺に震えながら、顔を上げると、両膝の僅かな隙間の向こう側に、
携帯電話を持って、私の両足の間を覗き込んでいる彼が見え、
その途端、もう一度、全身を襲った、
自分ではどうしようもない、悦びの名残の麻痺、
同時に、薄っすらと開いていただろう、恥ずかしい秘唇から、
納めきれなかった、今しがた彼から注がれた、塊のような男の人の精液が、
どろりと、伝い流れ、後ろの方にまで、つうって流れ落ちたのが感じられました。

mashiro_sae_7411-012s.jpg

気持ちのおもむくがままに、私と身体を繋ぎ合い、男のしるしたっぷりと注ぎ、
その証を、今、目の前にした彼。

いつまでも鳴り続ける、携帯電話のシャッターの音、
私は、潤ませた目を閉じながら、我慢して聞くしか無かったのです。


関連記事
13:46  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(8)
 | HOME |