FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

山城温泉6

2018.10.17 (Wed)


朝方になって、彼を起こさないように、そっと、床を抜け出すと、
浴衣も着けないまま、テラスの露天風呂に身を浸しましたが、
水音に気づいたんでしょうね、暫くすると、
彼が、笑顔を浮かべながら、湯船に入ってきたのです。

images.jpg

身体の隅々まで知られてはいましたが、
やっぱり恥ずかしくて、背中を向けましたが、後ろからそっと抱き寄せられ、
両の乳房に彼の手のひらが被さってきました。

温かなお湯に浸りながら、身体の中に、淡い桃色の快感が蘇ってきて、
小さな息を吐くと同時に、薄っすらと開いたくちびるに、彼のくちびる、重ねられてきたのです。

いくらの抗いもなく、その舌先を迎えていました。
むしろ、私の方がいくらか息を荒げ、求めていたのかもしれません。
お互いの舌を絡め合い、温かなお湯の中で、今は、彼のものである乳房を好きに揉まれ、
そんな時間を、私の方から、求めていたのかもしれません。

それは、もう、身体を繋げ合い、彼のしるしを幾度も注がれたのだから、
仕方のないことだったのかもしれなかったし、
その時は、私の身体も、そして、こころも、はっきりと、彼のものだったのかもしれませんね。

onsen_6701-099s.jpg

この日に帰れると思っていましたが、明日まで、二泊で予約してあることを知らされましが、
そのことは、嫌じゃなかったし、彼がそう決めているのなら、仕方がないとも思えました。

お部屋で、朝ご飯を済ませると、
頼んであったタクシーで、山城温泉郷を観光に連れて行ってくれましたよ。
魯山人先生ゆかりの展示館や、九谷焼の窯元など、何度か来たことがあったところもあったけど、
この時は、やっぱり、特別な時間でした。

お昼は、腰の強い、真っ白なお蕎麦をいただきました。
運転の心配がないからって、Nさん、お酒を飲まれ、私も、ご相伴させられましたが、
久し振りの日本酒、美味しかったですね。

午後過ぎに宿に戻ると、Nさん、暫くお昼寝するって、自分のお部屋に、
私も部屋に戻ると、一人でお風呂、頂きました。
そこは、今朝、Nさんに抱き寄せられながら、くちびるを重ね合ったところだったけど、
今は、山城温泉街を眺めながら、ひとりで、ゆっくりとお湯を使いました。

bathroom_6086-006s.jpg

どうして、私はここにいるのでしょうか。
夫ではない男の人と、その大切な夫のいる街から、こんなにも遠いこの場所で、
なぜ、こうして、お湯に浸っているのでしょうか。
けれど、湯殿から上がって、鏡の前で綺麗にお化粧をし直すのは、
今ここにいない夫のためではなく、紛れもなくNさんのために他ならなかったんです。

暫くして、床の間にある、インターフォンの淡い緑色のランプが光ると、
それは、昨日と同じような時間が流れ始めるサインだと、
私、諦めたように、そっと、目を閉じたのでした。


関連記事
13:55  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(1)
 | HOME |  NEXT