FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

山城温泉2

2018.09.18 (Tue)


平穏なウイークデーの夜。
洗い物が終わって、リビングのソファーにいる主人の隣にいつものように座ると、
私の腰を抱き寄せ、耳元にくちびるを寄せてきました。

「Nさんが逢いたいって」
「だって,奥様の具合が悪いんでしょ」
「あぁ、それは、そうらしいけど」
「えっ! 何?」
「君と二人だけで、逢いたいって」
「困るわ、二人だけでお逢いするなんて、駄目よ、お断りしてくださいね」

そう言ったのに、主人たら、ちょっと乱暴だと思えるほど、
私のブラウスのボタンと、ブラのフロントホック上手に外すと、
目の前にこぼれ出た、今は、主人だけのものであるはずの乳房の谷間に、
息を荒げながら、顔、埋めてきたんです。

nipple_6577-006s.jpg

地中海や台湾旅行で、ご一緒にさせてもらったNさんご夫婦。
地中海旅行の後、すぐに、又、逢いたいって連絡いただいてたんですけど、
奥さまの具合が悪くて、結局、年末の台湾旅行になったんですよ。

ただ、皆さんには、お話してなかったけど、
実は、台湾旅行の前に、Nさんと二人だけで逢った、そんな時間があったんです。



リビングのソファーの上に、
着替えが入っただけの、小ぶりなトラベルバック、ポツンと置かれていました。

「あなたの傍に居たいわ。遅くないから、お断りして」

身綺麗に準備を終えた私を見ていた主人、急に後ろから抱きしめてくると、
「すぐに済ませるから」って、さっき、シャワーを使って身に着けたばかりのショーツ、
慌てて脱がせてきたんです。

二度三度と、大好きな主人のいつになく固いものが、
私の柔らかな扉をこじ開けようと、押し当てられてきましたが、
潤いが足りなくて、とても、受け入れられないと思えました。

「僕のものを残したまま、彼に逢いに行くんだ」

そう言われた私、諦めたように、もう一度、そっと、太もも、開いたのでした。

pakopako_sex_6828-016s.jpg


山城温泉は、私の街からそう離れてはいない温泉郷です。
北大路魯山人先生に縁のものも多く、人をお招きするには良いところがたくさんありますよ。
その時、Nさんから言われた旅館も、とても、有名なところです。

11212851306624150.jpg

電車で行けば、それほど、時間は掛りませんが、
途中で、知っている人と逢うと困るからって、
主人が山城温泉近くの駅まで送ってくれることになりました。

あんな風に言われたけど、途中で溢れてきたら困るから、
身体の奥に出された大切な主人の印、お手洗いで、流してきたんです。

「あぁ、こんなにいっぱい」

自分の秘唇から、つうーって、滴り落ちる塊のようなまだ温かい液、ぼぉって、眺めていたのでした。

あんなにいっぱい出してくれるほど、私のこと、愛してくれているのに、
どうして、今、その私を、他人であるNさんに逢わせようとするのかしら。
すっかり、滴らせたつもりだったはずの、名残のものを身体の奥に感じながら、
逢ってはならないはずのNさんに逢うための私、助手席で目を閉じているしかなかったのです。

007_o.jpg

関連記事
12:46  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(6)
 | HOME |