FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

山城温泉

2018.09.14 (Fri)

rich_sex_6734-109s.jpg


「堪らないんだ、君の身体」

私の耳たぶを優しく噛みながら、熱い息の中でそういった彼、
それまでにも増して、えぐるように、腰を突き上げてきたのです。
それは、男の人が、自分の思いを、女の人の中に、注ぐ前触れであること、
人妻の私の身体に、否応なく思い知らせたのでした。

「このまま、出してあげるから」

そう言い終わらないうちに、
彼の息遣いがそれまでにも増して、荒くなったのがわかったのです。
朦朧とした潤んだ瞼を開くと、
彼の厚い胸板に、両手を当てて、幾らかの抵抗の気持ちを表しました。

これまでの彼との営みの時間で、それは初めてのことではなかったし、
心配な時期ではなかったけど、
夫ではない彼の生のままの精液を、このまま身体の奥に注がれてしまうこと、
当然ながら、人妻として、居たたまれないことだと思えたのです。

けれど、その僅かばかりの抵抗は、彼にとって、殆ど、意味をもつことなく、
たわわなあ乳房を揺らして、幾らか抗って仰け反った私の白い裸体は、
むしろ、彼を楽しませたのに過ぎなかったのでしょう。

pakopako_sex_6828-026s.jpg

「さぁ、一緒に、良くなるんだよ」

左右に髪を揺らし、彼の強い突き上げに耐えていた私、
その余りの快感に、我慢できない恥ずかしい桃色の声、聞かせ続けていましたが、
とうとう、彼の求める悦びの頂、
もう、すぐそこに迫ったこと、細い叫び声をあげて告げていたのです。

「欲しいんだろう、僕のもの」

そんな彼の言葉に、二度、三度、髪を揺らしました、
でも、それは、正直な気持ちではなく、
彼を迎え悶える私の桃色に染まった身体が、
その答えだったこと、きっと、彼、分かっていたのでしょうね。

人妻でありながら、夫ではない男性の、汗で滑る広い背中、
喘ぎの中両腕でしっかりと抱き締め、
そして、言われもしないのに、これ以上は無理だと思えるほど、
自ら開いてしまっていた白い太ももの間で
激しく突き動かされる逞しい腰には、
身体の求めるもの、もっともっと深く、そして、もっともっと奥に欲しくて、両足を絡め寄せていたのです。

sex_5741-052s.jpg

「さぁ、いっぱい、あげるよ」

それまで、両肘で身体の重さを私に感じさせないでくれていた彼、
とうとう、覆いかぶせるように身体を倒してくると、私の身体を両腕で抱き締め、
荒い掠れた声で、そう言ってきたんです。

めくるめく瞬間の訪れを察した私、
理性の抗いが溶け、後は、彼を迎え熟れ始めた、女の身体の望みのおもむくがままに、
恐ろしいような悦びの頂に昇り詰めること、許しを請いながら告げていたのでした。

「あぁ、なんて締まるんだ」

それまでには感じられなかった、慌てた曇った声を聞かされ、
それまで以上に、身体が浮き上がるほど激しく動いていた逞しい腰が、
二度、三度、更に深く、強く突き入れられ、
身体の奥のもの、大きく膨れ上がり、おびただしい量の熱いものが、
注がれ出したことが感じられた瞬間、
目の前が真っ白になるような、悦びの頂に、昇り詰めていったのです。

ahegao_6621-048s.jpg



ほんの、僅かな時間だったのでしょう、
薄っすら意識が戻ると、重なった二人の身体が、まだ、繋がり合ったままなのに気が付きました。

「ほらっ 締まってるよ」

硬さを失わない彼のもの、私の濡れた肉壁が、言われたようにじんわりと締め付け、
彼の名残の液を一滴残らず搾り取っていること、感じられました。
それは、私がそうしているのではなくて、男の人のもの、もっと欲しがっている、
私の身体がしていることだったのです。
そして、今、身体の奥を満たす彼のしるしと、今朝、夫から注がれたしるしとが溶け合い、
私のたまご、競うようにして探しているようにも思えたのです。

「君の中は、僕のために、生まれてきたようだよ」

彼から前に、そう言われたことがありました。
けれど、今、性器を繋ぎ、恥毛を絡ませ、悦びの頂点を、上手に合わせあった二人、
言われた通りだと、諦めるしかなかったのです。

身体の麻痺と喘ぎが治まりかけると、彼の手のひら、もう一度、私の身体中を這い回りました。

「思い出深い夜にしようね」

そう言った彼の温かな手のひら、あれほど楽しんだたわわな私の右胸に、被さってきたのです。
 
身体の相性、今夜も思い知らされてしまった私、
ベッドのサイドテーブルに上には、ルームナンバーに飾ってあった可愛らしいお花が、
私のこころの移ろいのままに、そっと、置かれていたのでした。

E5BB8AE4B88BE381AEE88AB1.jpg


関連記事
15:24  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(8)
 | HOME |