FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

披露宴の夜6

2018.09.03 (Mon)


随分前に、途中で終わっていた「披露宴の夜」
いつも以上に、恥ずかしい出来事だったので、
このまま、続けないでおこうとも思っていたのですが、
せっかくなので、UPしたいと思います。

披露宴の夜」1~5は、こちらからどうぞ



太ももに、何か、違和感を感じて、うっすらと目を開きました。
ストッキングの上からでしたが、太ももの付け根に近いところを、
彼の右手の手のひらが、ゆっくりと、摩っていたのです。

3080.jpg

「あらっ 駄目よ、そんなことしちゃ」
でも、そう言うのが、やっとでした。
ワインの酔いに、彼との恥ずかしい時間、思っていたせいでしょうか、
身体、熱くなって、そして、しっとりと潤んでいたんです。

「ほらっ!」
ふいにそう言うと、彼、私を抱えるようにして、
お店のドアのところまで、連れて行ったんですよ。

「あらっ、どうしたの?」
「うん、順子さん、調子悪そうだから、ちょっと」
「大丈夫?私、介抱しようか?」
「あっ、いいよ。僕の責任だから」
「ほら、ホールのところに、有料の多目的のお手洗いがあるから」
「ああ、そうするよ」

imagegallery_3_lv1.jpg

遠い遥かむこうで、二人の会話が聞こえているような気がしました。
気持ちが悪い訳ではありませんでしたが、
大げさに言えば、意識がはっきりとしていない状態でした。
やっと、たどり着いたエレベーターホールの角に、お手洗いのスライドドアがあり、
抱きかかえられるようにして、私、
彼とふたり、重なるようにして、入っていったのです。

4bd04c7f03c98.jpg





「あらっ、二人、さっきから、どこ行ってたの」
「えっ、あぁ、順子さん、飲みすぎたって言うんで、ちょっと、介抱してたんだ」
「まぁ、大丈夫ですか」
「えぇ、なんとか、良いみたい」
「ワイン、飲ませすぎたんでしょ、何か、魂胆があったんだ」
「いや、別にそんなつもりじゃなかったんだけどね」

有料の多目的な洗面所に入って、暫くして戻ってきたお店、
相変わらず賑やかで、皆、元気に飲み続けていました。
さっきと、同じソファーに、並ぶようにして腰を降ろしましたが、
私、恥ずかしくて、彼の顔と、見合わせることできませんでした。

P013760047_238.jpg

スクランブル交差点を渡る歩行者の人々の目、
見上げるような二階にあるお店の、ガラス越しのソファーに座っている私たち、
私の組んだ太腿の間、彼のもので濡らしてしまった、恥ずかしい秘唇、
知らない誰かに、覗かれていたようにも思えました。

P013760035_238.jpg

「また、逢ってくれますよね」
「駄目よ、もう」
「今度は、もっと、ゆっくり」
「嫌!今夜のこと、もう、忘れて」
「順子さんだって、さっき、あんなに」

お店のライトが急に暗くなって、新郎新婦のところで、
可愛らしいケーキカットが始まりました。
私、そのロウソクからの散らばるような光を、
しばらく、潤んだ目で見ていましたが、
彼の横にあったハンドバッグを手に取ると、そっと、席を立ったのです。

さっきのエレベーターホールまで来たところで、
案の定、彼が追いかけてきました。

「もう、帰るんですか」
「えぇ、ごめんなさい、もう、遅いから」
「また、逢えますよね」
「困らせないでね」
「だって、僕たち、もう」

そこに、丁度、お手洗いから出てきた女性、彼の職場の方かしら、
「なに、また、無理なこと言ってるの」
「そんなんじゃないんだ」
「諦めなさいよ。順子さん、人妻よ」

そう言われて、彼、やっと、さっきまでお手洗いの中で、
自分のものにしていた私の腰から、名残惜しそうに、そっと、手を放したのでした。

4bd04c7f03c98.jpg


関連記事
15:34  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(2)
 | HOME |