FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

山城温泉4

2018.09.30 (Sun)


一緒にって言われ、
今しがた注がれた彼のしるし、太ももに滴らせ、そんな、ふらつく身体を支えられるようにして、
ベランダにある木製の湯船に身を浸しました。
周りを木製の目隠しが囲んでいて、人目の心配はなく、
それでいて、こちらからは、戸張が包み始めていた街の様子、
伺うことができるように工夫してあったのです。

images.jpg

幾らかのぬめりのあるお湯を、胸元に掛けると、
思いもかけず、そこに淡いくちびるの跡を見つけ、
あって、小さな声を漏らしていました。
悦びの頂に仰け反ったとき、彼が吸ったものでしょうか、
夫が見つけたら、どう、思うのかしら。

「これが消える前に、また、愛し合おうね」

後ろから回してきた両手で、私のたわわな乳房を楽しみながら、
熱い息の中で、彼、そう言ったのでした。

cf148b24-s.jpg

お夕食は、Nさんのお部屋に準備してありました。
日本海の食材を使ったもので、私には珍しいものではありませんでしたが、
能登鶏の竜田揚げや治部煮、それに、のど黒の塩焼きなど、
それに、素敵な器も、Nさんに喜んでもらって良かったですよ。

ただ、詳しいお料理の説明をしてしまうと、
彼と私の関係、仲居さんに勘繰られてしまいそうだったので、
黙って、聞いてたんです。

353a2e3256c7c0b527fba58d0aeaa515.jpg

食事の片付けが終わるまで、暫く、街中をお散歩しましたが、
途中、暗がりの公園の、更に、木立の中で、浴衣の重ねの間に引かされた手のひらに握らされたのは、
さっき、一度済ませているはずなのに、驚くほど熱い、彼のものでした。

「君のうなじ見てたら、ほらっ」

そんな、恥ずかしいことを聞かされながら、
手のひらに包んだもの、溜息を漏らしながら、ゆっくりと、動かしてしまっていたのです。
持ち上がるように、硬くなりだした彼のもの、
その熱さを感じながら、女としての身体が、受け入れる用意を始めていたのかもしれません。

KMQ94_plan_20171209012100882_1_original.jpg

彼の舌先に誘われるがまま、二度、悦びに昇り詰めること、正直に告げていました。
心ならずも、夫ではない男の人に、身体を開いてしまっていたのに、
Nさんとの逢瀬を、断ってほしいって願ったはずなのに、
夫のこと、こころの中に、僅かも思い受かべませんでした。

0257.jpg

そんな、私の震えの治まらない身体の上に、彼が跨ってきて、ベッドの宮台に両手を突くと、
自分の恐ろしく太いもので、私の喘ぐくちびるを押し開き、ゆっくりと腰を振り始めましたが、
それは、地中海旅行で、彼で初めて身体を繋ぎあった後、
名残の液を滴らせながら、私のお口を犯し続けた時のことを思い出させました。

それに、あの時は、そんな居たたまれない姿、
旦那さんを呼んで、見てもらおうかって、そんな恐ろしいことも、言われたのです。
それは、夫ではないNさんに身体を開き、数え切れないほど悦びの叫び声を上げさせられながら、
とうとう、彼のおびただしい男の人のしるしを注がれ、
そして、朦朧としたまま、名残の液を吸いたてている、恥ずかしい人妻の姿だったのです。

12c92dea.jpg

彼の見下ろすままに、太腿が広げられ、今しがたまま、私のお口を楽しんだ濡れた男の人のもの、
幾度も私の秘唇をなぞり、桃色の細い声をあげさせられました。
もう、何の必要もないほど濡れていた私、ふたりのおびただしい愛液が、
恥ずかしい音を聞かせていたんです。

missionary_position_5262-049s.jpg

「欲しいんだろう」
「もう、かんにんして」
「こんなに濡れてる」
「いやぁ」

彼のものが、私の肉壁を押し開きながら、
少しずつ、進み、戻り、そして、また、進み、
とうとう、太く長いものを、
すっかりと身体の奥にまで納めたことがわかったのと同時に、
恐ろしいような鋭い悦びが、身体を走り、
声にならない声をあげ、仰け反ったたわわな乳房に、
尖った乳首を甘噛みした彼のくちびるを感じ、
更に、重ねるように甘い声、漏らしていたんです。

resize_img (4)

「何度抱いても、素敵だ」

自分の男の人のもので、求めた女性の身体と繋がり合い、そして、相手に悦びの声をあげさせる。
男の人にとって、やっぱり、至福の瞬間なんでしょうね。

くちびるを寄せられても、抗えませんでした。
身体を繋ぎ合う以上に、くちびるを重ね合うことの方が、
こころのつながりを認めることに他ならないのに、
自分の身体と繋がったままの彼のものが、どくっどくって脈打つのを感じながら、
正直な自分の肉壁が、それに応えるように締まるのも、もう、仕方のないことだと思え、
滑り込んできた彼の舌先に、自分のものを絡めてしまっていたのでした。

rich_sex_6734-002s.jpg

背中を舐めまわす、唾液に濡れた熱い舌を感じると、
後ろから腰を抱き寄せられ、私のものとの位置を探っていた彼のものが、
それまで以上に、深いところまで、突き入れられ、
私、喉を反らせて、動物のような、ふしだらな声をあげるしかありませんでした。

24135-690x900.jpg


下から突き上げるような腰、たわわな乳房、持ち上げられるように揉み続けられ、
否応なく与えられ続けられる快感に、
左右に髪を振り乱しながら、泣き声を上げながら、
自分の身体を、彼が満足してくれるまで、待つしかなかったのです。

間違うことなく自分のものにして、乱れる女の人の姿、やっぱり、残しておきたいんでしょうね。
彼、そんな、私の恥ずかしい様子を見下ろしながら、
ベッドサイドに置いていた携帯電話、何度も、手にしていました。

「僕のもの、ほらっ、全部、咥え込んでるよ」
それは、彼に跨って、下から突き上げられる腰の動きに上手に合わせていた時も、
ふたりの性器が、しっかりと繋がったところ、覗きこむように、携帯電話寄せていたのです。

rich_sex_6734-016s.jpg


関連記事
10:57  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(13)
 | HOME |  NEXT