FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

O先生との夜5

2018.08.15 (Wed)


ベッドの端に、うつ伏せに寝かせられると、
床に立った先生の熱い腰が、後ろから触れてきたことが分かりました。

2a07df98-s.jpg

そして、私の唾液でたっぷりと濡れたご自分のもの、
それを待つようにして、うっすらと開きだしたと感じられていた秘唇に、
何度も、擦り付けたのです。

応えようもなくて、ただ、喘ぐしかなかった私でしたが、
異常なくらい、息遣いが乱れて、たわわな乳房が揺れるのがわかりました。
誰のものでもいい、男の人のもの、どうしようもなく、欲しかったのでしょうね。

「ほぉ、入り口も狭いんだね」

何度か腰を前後させると、溢れるような蜜液に助けられた先生のもの、
とうとう、私の肉壁に届くと、
M先生の言いなりのままに、今夜、初めて会ったはずのO先生の黒い性器、
自分の性器の奥にしっかりと迎え入れてしまったこと、
喉を仰け反らせた白い身体と、細い泣き声で、先生に告げたのです。

back_5252-035s.jpg

「なんて、いい身体なんだ」

ゆっくりと身体を揺すられながら、そんなこと、聞かされましたが、
思いもかけず、その言葉に誘われるようにして、
次第に悦びが湧き上がってきて、身体を押し開いているO先生のものを、
自分の柔肉が締め付けていることが、分かりました。

24135-690x900.jpg

求めている男の人のものではなかったというのに、
さっき、初めてお会いした男の人だというに、
いいように揺すられることで、いいように突かれることで、
私の女としての身体が、先生の求めがままに、染められ始めてしまったのです。

「一度、済ませるからね、出してもいいんだろ」

そう言うと、大きな身体を倒してきた先生、
背中越しに、厚く大きな舌で、私の頬を舐めまわすようにすると、
それまで以上に、私の腰を強く抱きしめてきたのでした。

あぁ、注がれてしまう。さっき、会ったばっかりだというのに、
その人の男の人の液、身体の奥に、出されてしまうなんて。
でも、私のこころではなく、でも、まぎれもない私の身体が、
正直に、そのこと、求めてしまったのです。

とうとう、それまで以上に、奥にまで突き入れられた男の人のものから、
熱い印が注ぎ込まれ始めたことを感じると、
その身体の求めるがままに、
待ち望んだ悦びの頂に、激しく登り詰めていくしかなかったのです。

819b70e9-s.jpg



うっすらと意識が戻ると、
自分の頬が、生暖かいもので擦られていることに気づきました。
それは、今しがた、私の中で、男の人の務めを終えた先生のもの、
湯気さえ昇ろうとしているかのように見えたその先からは、
つうーっと、名残りの白い液が、伝い流れて細い糸を引いていました。

私、言われもしないのに、
さっきよりは、幾らか柔らかくなったと思えるそれに手を添えると、
息も絶え絶えにお口に含み、
残っているだろう、自分を悦びに導いた強い匂いのする液、吸い出そうとしましたが、
先生の精液と私の愛液に濡れたそれ、
さっき、初めて身体に迎えた時と同じように、
私のお口の中でだんだんと固くなってきたように、思えたのです。

10ede1c5-s.jpg

「むぅ」って、先生、気持ちの良さそうな曇った声を聞かせながら、
ゆっくりと腰を揺しながら、それ、脈打たせると、
その度、私ののど奥に、いくらかの名残の液が流れ込んでいたようにも思えたのでした。

「どら、見せてごらん」
先生、そう言うと、私を仰向けに横たわらせると、
白い太ももを胸に着くように折り曲げて、そして、ゆっくりと押し広げると、
私は、呆然としたまま、先生のするがままに、身体を開きました。

「あっ」
私の恥ずかしい秘唇から、納めきれなかったたくさんの先生の印、
つうーって、溢れながら、恥ずかしい後ろの部分まで、流れ伝えようとしたのです。

creampie_sex_5094-015s.jpg

レースのカーテンが開かれた窓に、逃げるように眼差しを向けた私。
涙に潤んだ目に、うっすらとした灯りが移る川面が、おぼろに見えていたのを覚えています。

nightriver1.jpg



関連記事
10:09  |  M先生とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(8)
 | HOME |