FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

O先生との夜3

2018.08.06 (Mon)


nightriver1.jpg

薄っすらとした灯りの中、
壁一面の広いガラスのすぐ前に、街の灯とそれを映した綺麗な川面が見えました。
まぁ、素敵な部屋。
でも、その眺めを楽しむ余裕は、その時の私にはまったくなかったのです。

そんな背景の前に、
猫足の素敵な椅子に座った白いバズローブ姿のO先生がおられ、
傍らの小さなテーブルの上には、
よくわからないドリンクの空の容器が、数本、だらしなく倒れていました。

2010_0911k0033.jpg

「窓際に行ってごらん」
言われるがままに、部屋の前に広がる川の見える窓際に行きました。
部屋の灯りが僅かだから、
外からは、きっと、私の薄い影しか見えないだろうとも思えたのです。

「裸になりなさい」

背後に掛けられたO先生からの望まぬ言葉に、自分の身体が震えたのが分かり、
私、髪を振ったんですが、
そんな私に、追い打ちをかけるように、先生の言葉が続いたんです。

「Mにとって、これからが、大事な時だってわかるね」

肩を落とした私、仕方なく、夏物のワンピースの背中に手を回すと、
細いファスナーを下ろし、それ足元から抜くと、
近くにあった高級そうな椅子の背もたれに掛けたんです。
今夜の自分の身体が、まぎれもなく、M先生からO先生への貢物であること、
納得した私には、もう、そうするしかなかったのでした。

5062922e-s.jpg

O先生、そんな私の後姿、後ろから見ていたんでしょうね。
「下着も」って、掠れた声、聞こえました。

言われるがまま、ホックを外すと、肩ひもをずらし、
膨らみの上から手を被せ、ブラもショーツも、ワンピースの上に置きました。

ad0f8002-s.jpg

「ここに来てごらん」
隠すことのできない何も身に着けない裸、先生の言われるがままでした。

先生、暫く、そんな私の身体をゆっくりとご覧になった後、こう、言ったんです。

「上品な可愛らしい顔をしてるのに、なんて嫌らしい身体なんだ。
 腰はそんなに細いのに、あふれるような乳房だ」

140527a_0005-580x829.jpg

私、目を閉じて、先生の言葉が終わるのを待つしかありませんでした。
この身体を愛してくれた、M先生の望む通りの時間が、
その時、流れ始めてしまっていたのです。

それまで目を閉じていた私、「あっ!」って、声を出していました。
太股の間に、O先生の指を感じたからです。

「やわらかい、くちびるだ」

そう言うと、その指、溝に沿って動き始め、
ふらついた私、先生の肩に手を乗せて、
もう、されるがままに、僅かな桃色の声漏らすしかなかったのです。

先生の太い指、熱い恥唇を開きながら、
その太い二本の指先の根本まで、身体の奥にまで、ゆっくりと入ってきて、
顎を仰け反らせた私に、細い声をあげさせたんです。
恥ずかしいけど、身体の感じるままに、そう、してしまったのでした。

shutterstock_565980976.jpg

「なんて、狭いんだ」
肉ひだの中に差し込まれた二本の太い指、段々と開きながら、

「今夜は、寝かせないよ」
私の耳たぶを噛むと、O先生、低い声でそう言ったのです。

関連記事
13:25  |  M先生とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(3)
 | HOME |