FC2ブログ
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

城崎旅行10

2018.07.10 (Tue)


08-5.jpg

何か分からないドリンクの瓶と蓋が、
ベッドのサイドテーブルの上にだらしなく転がっていて、
その横にある椅子に座ったNさんの前、言われるがままに膝間づかされた裸の私、
男の人の先から滲み出る透明な愛液と、自分の唾液、くちびるの端から滴らせ、
音を立て、髪を揺らしながら、彼の太い男の人のもの、吸い続けていました。

0ee5e817-s.jpg

時折、腕を伸ばしたNさんの熱い手のひらが、
私のたわわな乳房の柔らかさ、楽しむように揉み上げていました。
胸元から広がる快感が、裸の身体を薄桃色に染め上げていたし、
お口の奥を突かれ続けられることで私の身体、私の秘唇、
誘われるように、男の人を迎える準備、
幾らもしないうちに、済ませようとしていました。

e523568a-s.jpg

さっきから、お布団の敷かれた座敷の方から、
私たちのいるベッドルームの、僅かに開いていたドアの隙間から忍び込んできた、
細いすすり泣きの声が漏れ聞こえてました。

それは、紛れもなく、奥様と主人との営みの中で、
我慢できないのだろう、奥様の悦びの声であることが分り、
私、いたたまれなくて、それまで以上に、くちびるをすぼめ、
Nさんに喜んでもらえるように、髪を揺らしたのでした。

1735-690x900 (1)

地中海旅行では、私のこと、あんなに泣かせたのに、
台湾では、とうとう、Nさんのこと、迎えること、できなかったのです。
それは、人妻である私にとって、幸いだったことなのか、そうでなかったのか、
今はよくわからないけど、やっぱり、お相手にも良くなってもらわなければ、
女として、申し訳ない気がしたのでした。

gansha_4373-069s.jpg

急に、甲高い叫ぶような声が聞こえきました。
それは、裸の身体を繋ぎ、激しく抱きしめ合いながら、
悦びの頂に、同時に昇り詰めることを求める、奥様のはっきりとした声だったのです。

その途端、私のお口の中を犯し続けているNさんの男の人のもの、
脈打つように跳ねるのがわかりました。
そして、息を荒げた彼、傍らのベッドの上に寝かせつけた、私の白い太ももの、
乱暴だと思えるほど、自分の逞しい腰で押し開き、
そして、痛いほど強く押し付けてきたのです。

sc1018.jpg


関連記事
15:23  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(14)
 | HOME |