FC2ブログ
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

O先生との夜2

2018.07.30 (Mon)


P023016607_480.jpg

お店の奥の窓際の席に、先生、あらっ、ご友人かしら?
お相撲さんのように、太って恰幅の良い、先生より随分と年上に思える男性の方。
簡単に会釈して、M先生の隣の席に座ると、

「去年から、僕の講義を受講している学生なんです」
って、始めは、そう、紹介していただいたんですけど、

「昼間は、清楚で優秀な学生だけど、
夜は、僕の言いなりの従順な愛人なんですよ」

私、驚いて、俯いたんですよ。
きっと、その慌て方で、先生の言われたこと、嘘ではないってこと、
O先生にもわかったと思います。

「まぁ、あなたみたいな、上品なお嬢さんがね。
まぁ、悪い冗談はそのくらいにして、さあ、食事にしましょう」
そう言うと、O先生、分厚い舌で、くちびるを舐めまわしたのでした。

pg-1461688165-3660.jpg

コース料理が始まりましたが、私、あまり食欲はありませんでした。
どうして、あんなこと、先生、言ったのかしら。
二人のこと、皆には知られないようにって、いつもご自分が言われてるのに。

1003-24s.jpg

ご一緒した方は、M先生が大学時代からお世話になっている教授で、
今も、いろいろと、お付き合いがあるとのことでした。

ダウンロード

「この間の君の論文、読ませてもらったよ。白馬節会とは、目の付け所が良かったね」
「ありがとうございます。年中行事や有職故実は昔から好きで、
何気なく読んでいてテーマにまで持っていったんですけどね」
「そちらの学部長に、良く言っとくよ。あと、何本か面白いのが書ければ、
もし、その若さで教授になったとしても、いろいろ言う奴はいないだろうからね」
「先生にそう言っていただくと心強い、宜しくおねがいします」

文学部の学生の私にとって、
お話の途中での先生方のお話は、ひどく興味深いものだったし、
ビールから始まったお酒も、ワイン、そして、日本酒と続き、
お二人とも、随分と今夜を楽しんでおられるように思えました。

e228_0_1.jpg

コースが終わる頃、
「イスタンブールに行った友人から、面白いものもらったよ」
そう言うと、O先生、茶色の皮のバッグから、細いスッテックを取り出されると、
口を開き、ふいに私の目の前に置かれたワイングラスに注ぎ込んだんです。

「さぁ、口直しに飲んでみてごらん。いや、なに、危ないものじゃないから」

きっと困った顔、私返したんだと思いますが、
言われるがまま、その白い粉が溶け込んでしまったワイン、飲み干してしまうと、
O先生の、満足そうな濡れたくちびる少しだけ緩んだのが見えたんです。

suzu_20160210_4.jpg

O先生、ナプキンを使いテーブルに置くと、M先生に声掛けられました。
「いつも、悪いね」
「いえ、お部屋で待っていらしてください」

もう一度、私の身体、舐めるようにご覧になったO先生、
ゆっくりと、席を立たれたんです。

「わかるね、大事な先生なんだ」
「どうすれば、いいんですか」
「先生の部屋に行けばわかるさ」
「えっ!」
けれど、その返事の応えは聞けないままに、M先生、そっと、立たれたんです。

随分と混乱していました。
O先生のお部屋の番号、教えていただいていましたが、
そのドアを開いたら、どうなってしまうのか、
思いもしなかった夜が、始まってしまうこと、間違いないように思えたのでした。

02627.jpg

けれど、さっき、飲まされた白い粉のせいだったんでしょうか、
身体の芯から、恥ずかしい感情が、ゆっくりと湧き上がってきたようにも思えたのです。

M先生に言われたままに私、
O先生のお部屋のドア、ノックしてしまっていました。
それが、M先生が望まれていることであるのなら、
もう、仕方がないと、そう、思うしかなかったのです。

1422.jpg




関連記事
09:49  |  M先生とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(9)
 | HOME |  NEXT