FC2ブログ
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

O先生との夜

2018.07.24 (Tue)


D651398_m.jpg

M先生が出席されるシンポジュームに、
連れて行ってもらうことになりました。

神奈川にあるT大学で開かれる講演会の中で催されるとのことで、
二泊三日の日程とのことでした。

img_8.jpg

京都から小田原まで新幹線。
人の目があるから、隣同士の席ってわけにはいきませんでしたが、
同じ車両のグリーン車に座席、予約してくれてたんです。

近くにいるのに、お話しできないって、逆に思いがつのりました。
幾つかの前の席、通路側のシートに見える先生の品の良い上着。
人目から隠れるような恋、どうして、こんな風になってしまったのでしょうか。

221-600x449.jpg

講演自体、文学部の主催だったので、文学や歴史がテーマ、
日本文学を専攻していた私にとっては、興味深いもので楽しめました。
先生が四人の先生方とお話されたシンポジュームも、とても勉強になったんです。

smp131012_rep.jpg

私の大学からは想像できない広い敷地、沢山の校舎。
学校の中に、いくつものバス停があるのにもびっくり、
映画やCMのロケにも使われるの、わかるような気がしましたよ。

abf6f5d8d9d1bd8479a985c93426265e-710x200.jpg

夕方、近くの平塚まで、別々のタクシーで移動しましたが、
有名な日本三大七夕まつり、見ることできなかったこと残念でした。
予約してあったホテルは、大きな建物ではありませんでしたが、
ヨーロッパのお城みたいな外観で、とっても素敵でしたよ。

丁度、結婚式があってて、
ウエデイングドレスを着たモデルさんみたいに綺麗な人、うっとり、眺めてました。
私も、あんなふうな結婚ができるのかしら、
妻子のある男の人の快楽のために、言われるがままに、身体を与え続けている自分、
華やかな雰囲気の素敵なロビーで、私、そっと、目を伏せたんです。

ph01.jpg


それぞれのお部屋がとってあり、
レストランで落ち合うことになっていたので、
シャワーを使った後、先生の好きそうな下着を身に着けて、ワンピースに着替えると、
レストランのドアを開きました。

思いもよらない夜が、今、開こうとしていること、何も、知らないままに。

P023016607_480.jpg




関連記事
15:48  |  M先生とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(8)
PREV  | HOME |  NEXT