FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

城崎旅行6

2018.06.13 (Wed)


02346.jpg

両脇の下から回された、大好きなパパの手のひらに戻った乳房を揉まれながら、
私の目の前に、仁王立ちすると、ゆっくりと、腰を寄せてきた彼。
押し開かれたお口の中で、緩やかに動く、
若者のそれにふさわしい、男の人のもの、唾液を滴らせながら、咥え込んでいました。

時折、喉の奥にまで届くように突き入れられると、
その太さと、長さを、思い知らされて、唇から唾液、滴らせながら、
うっすらと、涙さえ浮かべていたのです。

blowjob_6688-004s.jpg

「あぁ、もう」
「なんだ、だらしないな、ちょっと、咥えられただけで、
まさか、女性とこんなこと、初めてじゃないんだろうね」
「それが、勉強が忙しくて、キスもしたことないんです」

ゆっくりと腰を振りながら、私のお口の中を犯し続けていた彼の、
そんな、細い声が聞こえていました。
そして、誰も、何も言わない湯殿の暗がりの静けさが、
彼が、そして、きっとパパが、この後の時間、何を求めているのか、物語っていたのでした。

それを察した私、

「駄目、そんなこと、パパ、かんにんして」

そう言って、背中を見せて抗ったのに、それまで華奢だと思えた彼の両手、
私のくびれた腰を、それまでに感じなかった強い力で、自分の腰に引き寄せると、
熱い男の人のもの、慌てるようにして擦り付けてきたんです。

furo_agari_4991-169s.jpg

「彼の、初めての女性になるんだよ」

助けを求めるようにして抱きしめていたはずのパパだったに、
そう、言われて、くちびるを重ねられるとると、
急に身体から力が、抜け落ちてしまったんです。

幾らもしないうちに、彼の望むところに、驚くほど熱い彼の男の人のもの、
お湯と、気持ちとは裏腹に滲ませていた愛液に助けられ、
私の肉襞を押し開くようにして、奥にまで、突き入れられてきたました。

「あぁ、すごい、女の人の中って、こんなに絞まるんだ」

そんな、聞きたくもない彼の言葉に応えるようにして、
細い悲しげな細い声を漏らすと、夫ではない男の人のものを、
たった今、しっかりと、迎えてしまったこと、
大好きな夫の胸の中で、告げていたのでした。

furo_agari_4991-193s.jpg

二度、三度ゆっくりとした動きを受け入れていました。
背中を見せて身体の奥に届いた彼のもの、
これまでには、経験の無いほど、とにかく、硬くて、硬くて、
私に、彼の若さを感じさせたのです。

その若さに正直に応えるようにして、自分の身体の奥、
その硬いもの、じわって、悦ぶようにして、締め付けているのが、分かったのでした。

「あぁ、堪らないです」
「かまわないよ、そのまま、出して」

パパのそんな言葉に、私、慌てて、髪を強く振りました。
だって、赤ちゃんのこと、本当に心配な時期だったんです。

「あぁ、良い!」

女の人のような、か細い声を聞かせた彼、乱暴なほど動きが早くなって、
とうとう、逞しい腰、私の身体が持ち上がるほど、強く押し付けてきたのでした。

「駄目ぇっ!」、声にならない声で、そう叫ぶように言ったのに、
それまで以上に、彼のもの、太く膨れ上がったことを感じると、
それが届いていた場所が、明らかに温かくなってきたことが分かったのです。

140507c_0018-580x326.jpg

長い射精でした。
彼は曇った声を聞かせながら、その度に、
脈を打ち、跳ね上がり、そして、また、脈を打ち、
驚くほどの量の、彼の熱い大切な男の人の液、
人妻であるはずの私の身体の奥に、溢れるほど、注ぎ込んだのでした。

59.jpg




薄っすらと明けようとしている、微かな朝方の光が射し始め、
庭先にあるのだろう幾らかの木々が、影絵のように障子に映っていました。
私、ゆっくりと開いた目で、天井を見上げると、
ひとつ、息を吐き、浴衣の重ねに手をあてました。

明け方で、部屋の中はひんやりとしていたはずなのに、
なぜだか身体が、熱を帯びていたんです。

思いもかけない、けれど、そのできごとは夢に違いなかったはずなのに、
私の身体、まぎれもなく、薄っすらと潤っていることが、分かったのです。

それは、自分の身体が、逢ったばかりの若い彼の男の人のものを、熱い彼の男の人の液を、
本当は欲しがっていた、正直な証拠だったのかもしれませんね。

SHOUTA3.png


関連記事
14:02  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(7)
 | HOME |