FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

城崎旅行5

2018.06.06 (Wed)


014132.jpg

脱衣場から、白い裸の身体を隠し切れない、
小さなタオルで豊かな胸元を押さえ、
二、三段の石の階段を滑らないように、恐る恐る降りると、
そっと、岩風呂に身を浸すまで、やっぱり、恥ずかしかったです。

夜遅くは、誰もいないから、ご夫婦で岩風呂、入られたらいいですよ。
そう、女将さんから、言われたこと思い出して、
さっきまで、裸の身体を抱きしめ合い、
すっかり汗をかいてしまった私、夫を誘って、来てみたんですよ。

もう、随分と遅いせいでしょうね。
屋根の付いた露天の岩風呂は、立ち上っている湯気と、
ほんの薄っすらとした僅かな灯かりだけが広がっていました。
その中で、先に湯殿に入っていたパパ、
私の裸、嬉しそうに眺めながら、手招きしてるんです。

c_ss8.jpg

あぁ、気持ちがいいわ、えぇ、温泉のお湯もそうなんですけど、
パパに抱き寄せられながら胸、ゆっくりと揉まれて、
二人だけだもん、思わず、幸せな声、漏らしてしまってたんですよ。

cf148b24-s.jpg

ところが!

「すいません」

って、突然、岩風呂の奥の陰から、男の人の曇ったような声、聞こえたんです。

「きゃっ!」

私、驚いて、胸元に手を当てると、パパの身体の陰に隠れました。
「ごめんなさい。僕です」
そういって、顔を出したのは、さっきの、次男坊の彼だったんです。

「なんだ、君か。脅かすなよ。それとも、岩陰に隠れて、妻の裸、見たかったのかい」
「いえっ、そんなんじゃなくて、えーとっ」

うろたえる彼、なんだか、ひどく可愛かったですよ。

「まぁ、いいじゃないか、こっちにおいでよ」

やだぁ、そんなこと言ったら、私の裸、本当に見られちゃうわ、
タオル、こんなにちっちゃいのに。

nyuuyoku_4862-001s.jpg

彼、すまなそうに頭掻きながら、それでも、お湯の中を泳ぐようにして、
私たちの前までやってきたんです。

「朝から、お風呂の掃除するんですけど、ゆっくり入れないもんだから、
 今夜は、良いかなぁって思って」
「へぇ、たいへんなんだ。まぁ、学費出してもらってるんだから、しょうがないよね」
「えぇ、少しは役にたたないと、申し訳なくて」

そんな彼、初めは目を伏せてたんですけど、
段々と、その視線、ちらちらと、私の方に向けられてきたのわかりました。

「裸、そんなに珍しいかい」

彼の視線に気づいたパパ、笑いながら、そんなこと、言ったんですよ。

「いえっ、ごめんなさい。つい」
「いいさ、若いんだもの、当たり前だよな。ほら、おっぱい、もっと見せてあげたら」
そう言ったパパ、急に、私の身体、自分の膝の上、強引に抱きあげると、
彼の眼の前に、私のたわわな乳房、露にしたんです。

02346.jpg

「きゃっ、駄目よ、パパ、そんなこと」
「いいじゃないか、ほら、彼、嬉しそうだよ」

数メートルも離れていな湯殿の淵に座った彼の視線、
両脇から、私の身体の前に差し出された、パパの両掌に揉まれる乳房に、
痛いほど感じていたんです。

「あぁ、綺麗」
つぶやくような、少しだけ息を荒げた、曇った彼の声が聞こえてきました。
私は、パパの胸に横顔を埋めて、胸元から沸き上がってくる淡い快感に、
そして、そんな私の裸を見ているだろう熱い視線を感じて、
息、乱し始めてしまっていたんです。

2fdb0705-s.jpg

「触ってみるかい」
「でも、そんなこと」
「夫の僕が言ってるんだから、かまわないさ。ねぇ、君もそうしてもらいたいんだろう」

私、髪を二度、三度振りましたが、目を閉じたまま、何も応えられないでいることが、
それが私の、返事だったのかもしれませんね。

お湯の音がして、彼の身体が近づいてきたことが分かりました。
そして、それまで、パパの指に摘ままれて、固くなってしまっていた左の乳首に、
熱い息がかかってきたこと、しっかりと、目を閉じていたけど、分かったんです。

熱い舌が、恥ずかしいほど尖ってしまっていた乳首に絡みつき、
慣れないんでしょうね、時折、歯を立てるから、
私、身体をくねらせながら、甘い声、漏らしてしまってました。

609fb1f1-s.jpg

大好きな夫ではなくても、女の身体は正直なものですね。
快感の呼び鈴を、その舌先が鳴らし始めたのです。
そして、それと上手に合わせるようにして、ゆっくりと私の太ももを開いたパパの指先、
恥ずかしい柔芽を、優しく摩りだしたのでした。

パパが誘ったのでしょうか、幾らもしないうちに、
彼の手のひらが、彼の望むがままに、
私の乳房の柔らかさを楽しみ、這い回ってきました。

ae0d76d6d99a6ed22e913facf7dc9eff-630x864.jpg

思いもしない時間でしたが、大好きなパパと今日お逢いしたばかりの彼に抱きしめられ、
男の人から求められる女の身体の務めを、私、抗うことなく果たそうとしていたのです。


関連記事
09:27  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(7)
 | HOME |