FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

たくさん、飲ませて

2018.06.04 (Mon)


すぐ横を流れる川面に、夜の街の喧騒の灯りが、映りながら流れ過ぎて、
道の両側に並んでいる沢山の屋台には、
もつ鍋やとんこつラーメンの看板が見えていました。

fb7bb84e.jpg

誰かに名前を呼ばれた気がして振り返ると、
街の灯が届きそうもない、暗い階段の続く路地の、少し先の踊り場に、
私を手招きする男性の影が見えていました。

684b2957.jpg

何も考えないままに、引かれるように、彼のもとに近づいた私、
そして、その男性の足元、暗がりの中に膝間づいた、女性の姿に気が付いたんです。

1217-45s.jpg

「順子さんがいけないんですよ、あんなことコメントに書くから」

そう言った、彼の足元には、チャックのトランクスがだらしなく脱ぎ降ろされ、
夜目にも、驚くほど太い彼の男の人のものは、
その膝間づいた女性の、肉感的な濡れたくちびるに咥えられ脈づいていたのでした。

「柚葉さん、あんな純情なこと言ってたくせに、驚くほど上手なんですよ」

彼の裸のお尻に両手を回した彼女、
男の人のものの、長さや太さをくちびるで味逢うようにして、
ゆっくりと髪を揺らしていたんです。

75086bfc-s.jpg

幾らかの間、彼女の唾液と、彼の愛液が混ざりあう、嫌らしい音を聞かされましたが、
それは、男の人と女の人の営みを見せられた私が、
身体を燃え上がらせるように熱くするのに、充分な時間でした。

「あぁ もうすぐ、いいんですね」
そう言うと、ゆっくりと顔を上げた彼女、二度三度、あご先を揺らしたんです。

そんな彼女の許しのうなづきを見て、目を閉じた彼、
女性の髪を優しく引き寄せると、突き上げるように腰の動きを速め、
曇ったような声を聞かせ、膝をがくがくって揺らしました。

あぁ、出しちゃったんだわ、彼女のお口の中に、男の人の液。
今、出てるんだわ、あぁ、いっぱいみたい。

8a97e372-s.jpg

幾らかして、震えが止んだ彼の腰から、彼女、ゆっくりと、くちびるを離しました。
目を瞬かせ、口元に指先を添えた彼女の喉元が揺れて
驚いたことに、彼のもの、飲んじゃったことが、分かったんです。

あぁ、飲んじゃったのね。
身体がぶるって、震えたのが分かりました。
そんな私の慌てぶりがわかったのでしょうか、彼、私を引き寄せると、
自分の前に膝間突かせたのです。


「順子さんも、いいでしょ」

なぜだか、何の抗いもありませんでした。
求められるがままに、彼の前に膝間づいて、
彼の求めるがままに、
目の前に突き出された、震え濡れた男の人のものにくちびるを寄せ、
幾らかのためらいも感じることなく、お口の奥にまで、咥え込んでいたんです。

6425d3ea-s.jpg

「今まで、何人の男のもの、こうやって咥えたの、
 何人の男のもの、飲んであげたの」

霧の懸かったような気持ちのまま、恥ずかしくて髪を振りましたが、
でも、その時には、彼のものにねっとりと舌を絡め、言われもしないのに、
彼の男の人の液を欲しがって、髪を揺らし始めている自分に気が付いていたのです。

「順子さん、胸、見せて」

そう言われた私、貧血を起こしそうな激しい息遣いの中で、
薄いブラウスのボタン、慌てるようにして外すと、ブラのブロントホックを外しました。
拒んでもよかったはずなのに、熱くなってしまった身体の求めるままに、
そうしてしまったのでしょうね。

たわわな乳房が、彼の見下ろしている目の前に、こぼれでました。
恥ずかしいほど尖っている薄桃色の乳首を、
街の裏路地の微かな灯が染めていました。

1735-690x900 (1)

その両乳房に、伸び出てきた彼の熱い手の平が被さってくると、
ゆっくりとその柔らかさを確かめるように、揉み始めたのです。

「あぁ、我慢できない」

私の胸の肌触りに感じてくれたのでしょうか、
逞しいもの、お口に含んで幾らもしないのに、彼、危うくなって、
私の頬に優しく両手を添えると、それまで以上に、男の人のもの、硬くしたのです。

「順子さん、飲んでくれるよね、僕の精液」

私、慌てると、嫌々って、髪を振りました。
お口に含んで、気持ち良くしてあげても、
彼の男の人の液、飲んであげることって、思ってもいなかったのです。

彼の腰に両手を突いて、抗いました。
その時、私の耳元に、熱い息がかかりました。

「順子さん、お願いだから、飲んであげて、彼、きっと喜ぶから」

あぁ、それって、さっきまで、彼のものを咥えて、
そして、最後には、彼の男の人の液、飲み下した彼女の熱い息だったんです。

彼女のくちびるが私の髪を分けて、みみたぶを優しく噛むと同時に、
お口の中の彼のもの、それまで以上に太く脈打ち始めてしまったんです。

9708b51b-s.jpg

「あぁ、駄目だ」

そんな狼狽えた彼の言葉と、
いつの間にか胸元に忍び込んでいた彼女の細い指先に、
きつく摘ままれた乳首の快感に、
思わず諦めるように、うなづいてしまうと、
正直な、こころの中では、

「出して、たくさん、飲ませて」

そんな恥ずかしい言葉が、ぐるぐると、回っていました。

塊のような、彼の精液の驚くほどの量と、
青臭い強い匂いにむせそうになりながら、
一滴も残さないで、私のお口の中に出してくれるように、
固く太いものの先に舌を絡ませながら、くちびるをすぼませながら、
いつまでも髪を揺らすと、
彼、腰をがくがくってさせながら、
女の人のような細い声、漏らしてくれたんです。

15eac78344f564570131887ce2af126b-630x703.jpg


「男が精液を放っても、腰の動きや手の平の動きをすぐに止めたら駄目だ、
 男がもう満足だって言うまで、動かし続けるんだよ」

M先生から抱かれて、幾らもしない頃、
女の人が、男の人を気持ち良くするための、たくさんのテクニック、
いやおうなく仕込まれましたが、これも、そのひとつですね。
お口や胸を使って、パパに出してもらう時、そうしてます。
パパが唸るような声を出して、大好きな液、たくさん出してくれる時って、
やっぱり妻として、嬉しいですものね。

その大好きな夫ではない、知人の男の人の精液が、喉の中を伝い流れます。
そして、私の身体の中に浸み込んで、他人ではなくなった約束として、
いつまでも、残り続けるんでしょうね。

02455.jpg



コメントを書いていただいて、いつも、ありがとうございます。
最近は、素敵な女性にも書いていただくようになって、
男性陣にも励みになっているようで、私も、とても、嬉しく思っています。

数日前、周期のことで、主人を迎えられなかった夜、
いつものように、お口と胸で済ませてもらったんですが、
その日の夜見た、恥ずかしい夢のことを書いてみました。
おぼろげに思い出される夢の断片を、繋ぎ合わせたものです。

柚葉さん、コメントでのお名前、使わせていただいてごめんなさい、
気を悪くされないでくださいね。

皆さん、お忙しい中、いつも、コメント書いていただいて、ありがとうございます。
重ねてお礼申し上げます。
今後とも、よろしく、お願いしますね。
                                           順子

関連記事
20:34  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(14)
 | HOME |