FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

城崎旅行8

2018.06.27 (Wed)


二人で宿に戻りましたが、パパたち、いないんですよ。
私たちも、浴衣に着替えて、
城崎の街中にある、外湯を楽しむことにしました。

61ad4cb6c658bea8a50f497136ee68bf.jpg

玄関で待っていてくれたNさんと、出かけようとすると、
女将さんが見送ってくれて、

「お連れのご夫婦、さっき、お出かけになりましたよ。きっと外湯めぐりだと思います。
それにしても、こちらのお二人も、美男美女で、仲がおよろしいですね、
浴衣も良くお似合いですよ」だって。

私たち二人のこと、夫婦だと思ったのかしら。
城崎温泉街に七つある外湯、外湯めぐり券を購入すると、
全部の温泉、楽しめるんです。

1701_kansai_1-2_055.jpg

「さっき、予約しておいたよ」って、Nさんが言ってくれたので、
近くの一の湯に向かいました。

IchinoYu01.jpg

予約してもらっていた家族湯、狭かったけど、さらさらとしたお湯で、
とっても、気持ち良かったですよ。
でも、また、Nさんから、悪戯されちゃったんです、
拒めない私が悪いんですけど、もう、困っちゃうわ。

140507c_0007-580x326.jpg

温泉の後は、火照った身体を冷ましながら、近くの城崎文芸館を尋ねました。
けれど、途中、腕を組まされていたNさんの肘、
上質だけど薄い浴衣と、ワイヤーレスのハーフブラ越しに、
さっき、湯殿の中で味わっていた私の乳房、揉むように、触ってたんですよ。
やだぁ、そんなしたら、乳首が尖っちゃうわ。

imagesCATFEW6X.jpg

志賀直哉先生を始め、多くの文人が訪れた城崎らしく、
城崎文芸館、興味深い展示がたくさんありました。
あぁ、湊かなえさんの企画展もあってて、良かったですよ。

小説「幸せの行方」の終盤では、ここ、城崎文芸館、
夫の勤め先である病院の旅行で、城崎温泉に訪れた主人公が、
夫ではない最愛の恋人と、思いもかけず、出会う場所として、書いてみました。
まだ、更新はしていませんが、楽しみにしておいてくださいね。

Kinosaki_bungei01_2816.jpg

思えば、ここ、城崎温泉、もう、何度も来てます。
小さい頃は家族と、そして、結婚した後も、パパや子どもたちと一緒に。
何度訪れても、のんびりできて、こころ癒されますね。蟹も美味しいし、ふふ。

けれど、まさか、夫ではない男の人と家族湯で、裸の身体を寄せ合い、
その人の悪戯に、身悶えするような人妻になっているなんて、
思ってもいなかったのです。

bathroom_6086-057s.jpg

早稲田大学の学生さんたちが作ったネズミなどを覗きながら、
駅前まで行くと、建物の二階にあるお店で、海鮮丼を頂きました。
下がお魚屋さんで、新鮮なお刺身や蟹、美味しかったですよ。

kinosakinite.jpg

お宿に戻り、Nさんのお部屋に行きました。
あらっ、障子が閉められたお座敷には布団が引かれていて、奥様、お休みになっているわ。
浴衣が乱れていたんでしょうか、白い肩が見えていました。

私たちが、お風呂に入り、街を散策している間、
奥さまと、パパの間にどんな時間が流れたのか、それは、聞けるはずもなかったのです。

9a26f32f0d1fb44aeea547d447e4e8e9-630x418.jpg


関連記事
14:21  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(4)
 | HOME |  NEXT