FC2ブログ
04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

城崎旅行2

2018.05.16 (Wed)


kinosaki1.jpg

城崎温泉の駅、平日のため観光客の方は、少なかったように思えました。
駅前で城崎のウエルカムドリンク、温泉水を頂きましたが、
ルージュが付くといけないから、お茶碗、先にNさんにお渡ししたんですけど、
「あぁ、温かいのがいいね、ちょっと、しょっぱくて」
って、喜んでもらえました。

旅館からは、迎えのライトバンが来ていましたが、バッグだけ運んでいただいて、
私たちは、のんびりと散策しながら、向かうことにしましたよ。

stationstreet_007-500x331.jpg

街中に向かう駅前の通りの両側には、
観光の皆さんが、楽しみにしている蟹のお土産屋さんが、続いていました。
松葉ガニは11月頃が漁の解禁のため、今は紅ズワイ蟹なんですけど、
同じように美味しいので、親戚の何件かにお土産代わり送ったんですよ。

PC229751.jpg

お店をいろいろと覗きながら、のんびりと歩いていくと、
皆さんもご存じの、街中を流れる大谿川に架かる石橋の地蔵湯橋に着きました。
緩やかな風に川の両側でなびく柳の木々、
そして、背の低い木造の建物が続く温泉街の風情、
本当に素敵ですよね。

kinosaki.jpg

ここでNさんが見つけたコンビニエンスストア。
皆さん知ってました、ここの角にファミリーマートがあるって、
街の景観を考えてのことなのでしょうね、
お馴染みの緑色じゃなくて、渋い黒い店造りにしてあるんですよ。
何度か来たことのある城崎温泉、最近できたのでしょうか。

fm-ko005_r.jpg

列車の中の座席と同じように、
まるで、仲の良い夫婦のように、私たちの前を並んで歩く、主人と奥様。
私だけのものであるはずの主人の腕に、ぶら下がるように腕を絡めてるんです。

だから、しょうかないですよね。
同じように、私がNさんと腕を組まされていること、
それに、Nさんの肘、私の胸、ゆっくりと揉むように押し当てられてるんです。
薄いワンピース、ワイヤーレスのハーフブラ、
乳首がきゅって、固くなって、気を付けないと、桃色の声が出そうでした。

0049dbf3016857b1d2e998645dcb8966e22de71d.jpg

首にさかなの串を刺されたままのネズミがいないか、イモリはどこだろう、
なんてお話をしながら、川面を覗いたり、蜂を探したり、そんなして歩いてたら、
二日間お世話になるお宿に、やっと着きました。
ちょっと遠かったですね。でも、楽しかったですよ。




女優さんかと見間違うほど美しい、着物姿の女将さんがお迎えしてくれ、
それぞれのお部屋に案内していただきました。
木造の古い旅館でしたが、
やっぱり、温泉街の建物らしく風情のあるお部屋でがあって良いですね。

お部屋のインターフォンが鳴りました。
Nさんからでした。
「街ブラする前に、温泉に浸かろうって、家内が言ってるんだけど。
 あぁ、家族風呂、予約しといたよ」

yadoi_8142710_.jpg

お部屋に準備してあった浴衣、できるだけ皺にならないように、
脱衣所の籐に、丁寧に置きましたが、タオルが小さくて、身体を隠しきれないんです。
先に浸かっていた、主人やNさんに、
裸同然の白い肌、しっかりと見られていること分かり、恥ずかしかったです。

014132.jpg

あぁ、さらさらとしたお湯、ちょっと熱いけど、気持ちいいわ。
透明な温泉だから、身体、見られるのしかたがないけど、
それでも、小さなタオルで、胸元を隠したのでした。

oppai_5297-077s.jpg

沢山の宿や七つの外湯があるけど、源泉はひとつであるらしいことや、
私のような文系の人間には嬉しい、
「小説の神様」と言われる志賀直哉の縁の街であることなど、
丁度良くなったお湯に浸かりながら、
物知りなNさんのお話、いろいろ聞くことができました。

「じゃ、こっちは、先にあがるから」
そう言うと、主人、奥様の肩にちょっと触れると、申し合わせていたかのようにして、
二人揃って、立ち上がったのでした。

nyuuyoku_4862-007s.jpg




関連記事
16:12  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(8)
 | HOME |