FC2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

M先生とのこと12 I先輩2

2018.04.04 (Wed)


「僕は戻るから」

暫くすると、浴衣を羽織り前を重ねながら、先生、そう言うと、
後姿を見せられました。
何も言えないまま、私、虚ろな目で、その背中を見送ったのです。

015121.jpg

後ろから、先輩の手が伸びてきても、
その広い手の平が、乳房を被い揉み始めても、
脱力してしまった、私、あらがうこともできず、
もう、されるがまましかありませんでした。

身体を仰向けにされ、太股を広げられると、
さっきまで、先生のものと繋がっていた秘唇からは、
きっと、まだ、白いものが、流伝っていると思えたのに、
シャワーを使うまでもない先輩のものが、あてがわれてきたのです。

07691354-s.jpg

二人の男の人に、同時に愛され、
経験のない、めくるめく時間を求められました。

それぞれの男の人の、欲望のおもむくままに、
それぞれの男の人の液を、身体の中に注がれたのです。

先生の残りの液が、まだ、私の中を満たしていたというのに、
先輩のもの、ゆっくりと入ってくると、
たわわな乳房を揺らして、仰け反る姿を、先輩の視線の下に見せていました。

硬い熱いものが、更に、奥にまで届くと、
私、背中をシーツから浮かせて、細い声をあげるしかありませんでした。

resize_img (3)

「今日一日、君の後姿、見てたんだ。昨日の夜のこと、忘れられなくて」

そう言うと、良い匂いのする身体を倒してきて、強く私のこと抱きしめながら、
くちびる、求めてきたんです。

熱い舌が、くちびるを分け、私の舌に絡んでくると、
一夜、自分のことを愛し続けてくれた先輩の背中に、そっと腕を回すしかなかったのです。

2322.jpg

朝方、ふっと、目を覚ましました。
何も身に着けない裸のまま、I先輩の胸に抱かれ、眠っていたのです。

すぐに、身体の奥に、昨夜注がれた、男の人のもの、あるのがわかりましたが、
それって、M先生と先輩、二人のものだって、思い出したんです。

赤ちゃん、大丈夫な時期でしたが、
あんなに沢山、注がれたんですもの、
今、こうして、I先輩の腕の中にいるときも、二人の男の人のもの、
私の身体の奥の卵、競い合いながら、探してたのかもしれませんね。

d0f5c9dc-s.jpg

思いもしない経験をさせられた松江への旅行は、
M先生との、新しい時間の過ごし方を、教えられた旅でもあったのでした。


関連記事
08:58  |  M先生とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(5)
 | HOME |  NEXT