FC2ブログ
02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

M先生とのこと9 I先輩

2018.03.26 (Mon)


「部屋の鍵、開けとくんだよ」
そんな先生の言葉思い出すと、ベッドに横たわり、私、そっと、目を閉じたのでした。

暫くして、そっと入ってきた人影。
薄暗い部屋のベッドの上、浴衣の後姿をぎゅって、抱きしめられ、
胸元に温かな手の平が忍び込んでくると、素肌の胸を被いました。

3ced830e-s.jpg

えっ、その時、すぐに気づいたんです。
先生じゃないって。

「先輩!」
「君が待ってるって、先生に言われたよ」
「そんなこと…」

慌てて振り返った私の身体、先輩もう一度強く抱きしめると、
仰け反った私に、自分のくちびるを寄せてきたのでした。

berochu_5205-015s.jpg

本当に慌てたんです。
けど、先生が言われたと言われた言葉にも、ひどく乱れた自分を感じましたが、
落ち着く時間を与えてくれないままに、
先輩のくちびる、慌てた私の、可愛らしい乳首に吸い付いてきたのでした。

ae0d76d6d99a6ed22e913facf7dc9eff-630x864.jpg

「駄目ぇ」
自分の身体に広がる桃色の感覚から逃れるように、そう、言ったのに、
ころころって、先輩、私の乳首、甘噛みしながら、
片方の乳房、ちょっと乱暴に揉み上げたのでした。

「すごいおっぱいなんだね。想像してた通りだ」

乳首からくちびるを離した先輩、私の恥ずかしい姿見下ろすようにして、
両手で私の乳房、ゆっくりと揉んだのでした。

「かんにん」

でも、先輩、許してはくれなかったんです。
ベッドの上から、上質な羽毛布団が床にずれ落ち、
そして、浴衣も帯も、脱がされた、裸の私の身体。
清潔な白いシーツの上には、うっすらとしたルームライトに照らされた、
何も身に着けない、若い二人の裸体が絡み合っていたのです。

a98ed4074f29b011c43a9a9de1ca7f66-630x456.jpg

I先輩と身体の関係を持つこと、絶対にできないって思いました。
だって、先生とのお付き合いのことがあったし、
先輩に抱かれたことわかって、先生に嫌われたくなかったから。
でも、先生に言われたって言葉。

「君が待ってるって、先生に言われたんだよ」

混乱したままの私、それまで以上に強い力で、抱きしめられたんです。

両手を、被さってきた先輩の胸に当てて、私、抗いましたよ。
けれど、先輩の腰、私の太腿を上手に押し開いて、男の人のもの、
私の秘唇を突き始めたのでした。

首筋や頬に、そして、耳元に先輩の熱い息と、くちびるを感じると、
なんだか、良い匂いのする先輩の背中、
なぜだか両手で、引き寄せようとしてたんです。

berochu_5205-064s.jpg

息を荒げながら、私、尋ねました。

「先生、本当にそんなこと、言ったんですか」
「先生、順子ちゃんに、自分が抱かれなさいと言ってたって、そう、言ったんだよ」

その言葉のせいだったからでしょうか、
うっすらと濡れ始めてしまった私の秘唇、先輩の熱い男の人のものが、押し広げ始めました。

どうして先生が、私のこと、I先輩に抱かせようとしたのかしら、

先生とのお付き合いが始まって、数か月。
私、先生からの愛情とか、そのようなもの、期待していたわけではありませんでした。

それって、とても、無理なことだと思えたからです。
けれど、やっぱり、大好きな先生の近くで、少しでも一緒の時間を過ごしたかったし、
そのために、先生の求められるままに、先生が望まれるままに、
私を先輩に抱かせること、自分の身体を開くこと、仕方のないことのように思えたんです。



でも、そんなことを思う間もなく、
先輩のもの、身体の一番奥にまで、届いてしまったのでした。

仰け反って、か細い声、先輩に聞かせました。
思いもよらない成り行きだったけど、
そのこと、もし、本当に、先生が望んでいることだったら、
もう、仕方のないことのように諦めるしかなかったのでしょう。

若い先輩の、ちょっと、乱暴にさえ思える強い動きに、
私の身体、正直に応え、何度も悦びの声あげさせられました。

missionary_position_5262-049s.jpg

「あぁ、堪らないよ、順子ちゃんの身体」って、

先輩、そう、言ってくれましたが、そのことって、喜んでいいことなのか、
その時の私には、分かりませんでした。

そんな私の身体を充分に楽しんだのでしょうか、
それまで以上に、腰の動きが激しくなり、男の人の悦びの時が迫っていること、
察せられました。

「先生が教えてくれたよ、大丈夫なときなんでしょ」

涙で滲んだ瞼をそっと開くと、私、それだけは駄目だって思ったのに、
I先輩、私の両ひざを、乳房に付く程深く折り曲げると、強く腰押し付けてきたんです。

先輩の曇った声が聞こえたと同時に、
子宮口を押し開くように、更に奥まで挿しこまれた硬い男の人のものの先から、
温かな液、注ぎ込まれてきたのが分かりました。

141209-0056.jpg

嫌悪感さえ感じてもよかったその瞬間だったのに、
私、先輩の首筋に噛り付くと、恐ろしいような声あげるのが怖くて、
自分からくちびるをねだったのでした。

射精は、長く続きました。
そんな男の人の噴出を身体の奥に感じながら、
目の前が真っ白になるほどの強烈な頂きに、登り詰めていったのです。

先生のことも、今、自分のことを抱いている先輩のことも、
考えられませんでした。
ただ、自分の女としての若い身体が、注がれた彼の男の人の液に誘われるようにして、
正直に、昇り詰めていたのでした。

1879-11s.jpg

先輩が、私の部屋に来た時間が早かったせいでしょうか、
その後も、彼、長い時間、繋ぎ合った私の裸の身体、放してはくれませんでした。

息も絶え絶えに、肩を震わせている私の身体を、幾度も抱いた先輩。
緩やかに揺さぶられて、涙に潤んだ目の先には、
明け方に近い白んだ空が映っていたこと、今も覚えています。







関連記事
13:05  |  M先生とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(10)
 | HOME |