FC2ブログ
02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

M先生とのこと8 松江

2018.03.22 (Thu)


思いもかけずに始まったM先生との身体の関係、
毎週、講義を受ける以外にも、先生の研究室で、そして、マンションで、
特別にお逢いする時間が、続いていました。

baa621fe791cea64485502859def163c-630x865.jpg

M先生との初めての初夏。
前に書いたように、研修旅行に連れて行ってもらうことになったんです。
系列大学で、M先生の講義を受けている学生さんたち6人と、先生と私。
山陰の、松江や石見など、先生にいろいろと教えて頂きながら、見学する予定でした。

img_12.jpg

マンションの窓際に、下半身を裸にした私を立たせると、
後ろから、自分の大きくなったもので、たっぷりと濡れた私の秘唇を押し開き、
ゆっくりと腰を押し付けてきたんです。

sex_5141-008s.jpg

「旅行、楽しみだね」
「あぁ、先生」
そう言って振り返ると、私、慌てるようにして先生のくちびる、ねだったのでした。

d666b5251d8a8dca8979d52ce1105dfa-630x521.jpg

こんなことしてていいのかしら。
大学の友人や、サークルの仲間にも、
先生とのこと、悟られないようにして、過ごしてましたが、
自分自身が、そんな関係に翻弄されていること、
やっぱり、いたたまれない気でいたの、正直な気持ちだったんですよ。

けれど、今だって、こうして、下から突き上げるように腰を押し付けられ、
身体の奥に、先生のものが届くと、私、目の前の手すりに両手を置き、
もっと、深くまで入れてもらえるように太ももを開き、
腰、揺らしてしまってたのでした。

02176.jpg

離れられないわ、忘れられないわ、先生のこと、先生の身体。
女として、自分の身体が、どうしようもなく、先生のものを求めていること、
仕方のないことのように思え、諦めたようにして、
恥ずかしい桃色の声、漏らし続けていたのでした。

研修旅行のこと


電車が松江駅に付くと、I先輩、市内を遊覧するという観光バスの停留所に皆を案内して、
そのバスが、松江市内を循環する途中で、
今夜のホテル前に停まるんだって説明してくれたんです。
赤色のレトロ調の可愛らしいバス、座席も窓も広くて、まぁ、素敵だわ。

20121026055901.jpg

大きな川を渡ると、よく磨かれた窓の外に、
お城やその周りのお堀、武家屋敷などを見ることができました。
松江の街は、家族で数回来たことがありましたが、今回はやっぱり、時別な気がします。

バスの一番後ろに席に、並んで座っている先生から、
皆に分からないように、そっと、手を握られると、
今夜のことを約束させられたように思えて、俯くしかなかったのでした。

img_23.jpg

夕食は宍道湖七珍といわれる、松江のお料理。
明日からの見学地のお話をしながら、皆で、美味しくいただきました。
スズキの奉書焼きやシラウオ、珍しくて美味しかったこと、覚えています。

03_04.jpg

先輩方は、二人部屋。
私は、個室を予約していただいてました。
大学が違うから、私が気を遣うだろうからって、I先輩、配慮してくれてたんですよ。
先生は、もちろん、グレードの高い個室です。

食事が終わってから、先輩方は夜の宍道湖の湖畔を散歩するってお出かけ。
私は、自分の部屋に帰りました。
目の前に、暗い宍道湖の水面と、遠くに嫁が島のうっすらとした影が幾らか見えて、
とても素敵でしたが、

「部屋の鍵、開けとくんだよ」

そんな先生の言葉思い出すと、ベッドに横たわり、私、そっと、目を閉じたのでした。

523c7faa22ad343828458643a4f5b48c.jpg





関連記事
13:37  |  M先生とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(10)
 | HOME |