FC2ブログ
02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

金沢城公園の雪

2018.03.05 (Mon)


p1020421.jpg


さっきまで、二人で眺めていた見慣れたはずの街並みに、
ひとつ、ふたつ、白や赤いネオンが、まるで、お化粧をするように、
美しく瞬いているように映えていました。

広いベッドのシーツの上には、
何も身に着けない、二人の裸が繋がり絡み合い、
滲み出た愛液が混じり合う、絡み合う恥毛の、恥ずかしい音が聞こえるようでした。

太い男の人のものが、身体の奥で脈打ち出したのが感じられ、
その動きに誘われるようにして、
私は、悦びに向かって白い身体を仰け反らせようとしていたのです。

唸るような曇った声と、細い悲鳴のような声が混じり合うと、
同時に昇り詰めることを望んだ私の言葉に応えるようにして、
それまで以上に、硬く大きく膨らんだ男のものから、
温かいものが注がれ始めたことが感じられ、
私の身体の奥の襞が、上手に合わせるようにして、その愛してやまないもの、
絞るように包み始めていたのです。

大切な男の人の液、すっかり、自分の身体の奥に注いでもらいたかったのでしょうね。
熟れた白い腰を、繋がった男の人の腰に何度も擦り付けるの、
自分でもはっきりと分かったのでした。

無題1

私の身体の周期を見計らって、誘ってくれる夫婦での外泊。
今夜は、行きなれたモーターホテルじゃなくて、
この街でも、ひときわ目立つシティーホテルです。

pic_kv05.jpg

夜はお肉だからって、ランチはオープンキッチンのビフェで頂きました。
いろいろなお料理があって、それも、色とりどり、選ぶのに困るくらい。
シェフがいらっしゃって、味も本格的でした。お薦めですよ、皆さんもどうぞ。

rest_head_fruitier_img.jpg

チェックインには少し早かったので、
ちょっと遠いし寒かったけど、久し振りに金沢城公園まで、歩いて行ってきました。
30分程かかりましたが、お腹いっぱいだから、丁度良かったですよ。

綺麗な雪景色の金沢城公園。
今年は、驚くほどの雪が降って、いろいろとたいへんだったけど、
空気さえ凛として澄み切ったこんな素敵な景色を眺めていると、
この街に生まれた幸せ、やっぱり、感じましたよ。

7cbd17a44ef7bce8952c2ea0a09fcfb1.jpg

帰りはタクシーでホテルまで戻って、チャックイン。
まだ、明るかったのに、部屋に入るなりパパ、
近くの駅を見下ろしていた私のこと、抱きしめてきたのでした。

caption.jpg

まだ、治まらない麻痺の走る身体、けだるそうに起こすと、
秘唇から、ゆっくりと抜かれ出た、大好きなパパのもの、
私、頬摺りして、お口に含みました。
時折、どくんって、名残の液、舌先に感じましたが、
唇で挟んで、残っている大切なもの、全部飲み干してしまいたかったんです。

そんなしてたらパパのもの、あらっ、最初と同じくらい、おっきく、硬くなってきました。
恥ずかしかったけど、私、パパの腰に跨ると、
指を添え、ゆっくりと自分の中に収めたんです。

あぁ、幸せ。
大好きなパパのもの、身体の奥の、そのまた奥にまで、下から突き上げられ、
これ以上はない、満たされた時間を感じていました。

sex_5795-056s.jpg

そんな身体の求めるがままに、悦びを引き寄せようと、
恥ずかしいほど腰を振り動かしながら、細い声を漏らしてました。

「すごいね、順子、誰に習ったんだ」

そんな応えられるはずもないパパからの質問、聞こえないふりして、
あえなく襲ってきた悦びの頂に、自分を任せてしまっていたのでした。

がくがくって、腰が震えました。
そして、それと同時に、私の身体が浮き上がるように突き上げられた腰に、
大好きなパパと一緒に、悦びの時を迎えられた幸せを感じていたのです。

sex_5141-039s.jpg

よく効いたエアコンのお陰で、
一時間ほど、何も身に着けないまま、二人で裸の身体を絡ませ、
ベッドの上でまどろんでいましたが、
予約していたホテルの鉄板焼きの時間があったので、
シャワーを使いましたよ。

ふらつく私を抱きしめるようにしてバスルームまで、パパ、連れて行ってくれましたが、
あぁ、ちょっと、狭いのが残念。
でも、お互いの裸の身体を絡ませ合いながら、シャワー使えたから、
良かったかもしれませんね。
だって、また、おっきくしたもの、私の頬に、擦り付けようとしたんですよ。

あぁ、良かった、硬くなってくれて、夜はまだ長いんだもン。ふふ。

1873-24s.jpg



関連記事
14:45  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(8)
 | HOME |