FC2ブログ
01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

一条戻り橋2

2018.02.09 (Fri)


p1.jpg

約束をした一条戻り橋は、学生時代、校舎が近かったこともあって、
何度か通ったことのあるところでしたが、特に気に留めた場所ではありませんでした。
臨終に間に合わなかった父親が、冥土から蘇ってきたとか、
嫁がせた娘が戻ってこないように、この橋の近くには近づかないように言ったとか、
そんなお話は聞いたことがありました。

134249469542413212958.jpg

堀川の水面に、両脇に並ぶ木々の新緑が映り、涼しげな緑風が吹き抜けていたものの、
思っていたよりも日差しがあり、日傘をもってこなかったことを悔やんだ私、
戻り橋の下の陰に入ろうと、川辺までの石段を下りたのです。

けれど、その時まで気付かなかった十人ほどの人が、
橋の下の濃い影の向こうから、浮かび上がるようにこちらに向かってくると、
私のすぐ横を、通っていきました。

f0074850_23332650.jpg

どのような人たちなのか分かりませんでした。
けれど、すれ違いざまに、ちらりと私を見たその鋭い目の輝きは、
夫ではない男の人から誘われるままに、暗い陰の中で一人で佇んでいるわたしを、
どうしようもなく、居たたまれない気持ちにさせたのです。

「申し訳ないけど、少し、歩くよ」
暫くしてやってきた、あの時と同じような素敵な彼に、
お昼をって言われ、戻り橋から西に向かう細い道を並んで歩きました。
「逢いたかった、あなたのこと、忘れられないでいたんだ」
そんな彼の言葉を、ただ、聞くしかなかったのです。

連れて行ってもらったのは、カウンターだけの小さなお店で、
生湯葉と絹揚げなどを頂きましたが、とっても、美味しかったですよ。
あぁ、このお店のオリジナルで、ブランデーで漬けた梅酒や、
豆乳のムースも楽しめました。

640x640_rect_22989064.jpg

「じつは、この近くに住んでて、ここ、よく来るんだ」
「えぇ、湯葉は好きで良く頂きますけど、ここのも、美味しいですね。
それに、他のお料理も、いろいろと工夫がしてあるし」
「あれから、何年経つんだろうね。思い出すよ、あの時のこと、あの時のあなたのことを」
そう言って、いくらかうつろな眼差しを、箸先に向けた彼。
二年前の、あの時間の、何を思い出していたのでしょうか。

sex_5741-132s.jpg

夜は予約してあるから、暫く、散策しようって、
お店を出たあと、二人で歩きました。
数年ぶりに出逢って幾らも経たないまま、
身体を寄せられて、手のひらを絡み合わせられても、
何も抗うこと、しなかったのです。

5221859997_9c8cc5eb3f_zs.jpg

関連記事
14:41  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(7)
 | HOME |