FC2ブログ
01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

一条戻り橋

2018.02.05 (Mon)


bathroom_6086-006s.jpg

午前中の柔らかな日差しが、バスルームに差し込んで、
熱いシャワーの雫に溶け出したソープが、
自分でも豊かだと思える白い乳房の間を、
くびれた腰を、そして、太ももの間を、
ゆっくりとしたたり流れ落ちていきます。

bathroom_6086-009s.jpg

久しぶりにお逢いする、夫ではないその人のために、
自分の裸の身体をもっともっと美しくするために、
濡れた両手を身体に這わせると、
身体の奥から、思いもかけない熱いものが、
少しずつ湧き上がりだしたようにも思えました。

012123.jpg

シャワーが止まると、どこからか、微かに小鳥の鳴き声が聞こえてきて、
私は、彼とのそんな時間が、段々と幕を上げようとしていることに気付き、
そっと、まぶたを閉じたのです。


「困ります、明日だなんて。あなたにお逢いすること、まだ、主人にも話してないし」

そんな、いくらか慌てた私の言葉に重なるようにして、

「きっと、あなたは、来てくれるさ。あの時みたいに」

そう言って切れた電話を、そっと、テーブルの上に置いた、昨夜だったのです。

数年前、私の住んでいる街でお逢いした人。
奥様に先立たれ、寂しくされていると、茶屋の女将さんから聞いていましたが、
その時は、皆様にはお話していない、思い出深い時間を過ごしました。

missionary_position_5262-049s.jpg

彼と過ごした二日間のことは、下からどうぞ。

「百万石まつりの夜」

「百万石まつりの夜7」

「百万石まつりの夜8」


尚 「百万石まつりの夜」は、1~11まであります。
月間アーカイブの、2015年6月分から探して読んでみてくださいね。

あの夜、茶屋のお座敷で二人きりで過ごした時、勧められるままに杯を重ねた私、
目の前にいる素敵な彼との、あるはずのない恥ずかしいこと、思ってました。
そんな私のこころの中で、女将さんが言った言葉、

「ほら、すごいでしょ。
あれ、入れられちゃったら、女がどうなっちゃうか、
 あなたも人妻だからわかるわよね。
旦那さんには悪いけど、一度知ったら、もう、
あなたの身体が忘れられなくなっちゃうわよ」

断ってもよかったのに、
彼から告げられていた約束の場所に、従順に辿り着いていたのです。

p1.jpg


関連記事
16:24  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(14)
 | HOME |