FC2ブログ
01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

一条戻り橋5

2018.02.23 (Fri)


彼の手が、優しく後ろ髪にあてられ、裸の腰が近づいてくると、
驚くほど熱い男の人のものが、
私のくちびるを押し開こうと触れてきたのがわかりました。
けれど、その先から滴る透明な液と、私の唾液に助けられているはずなのに、
彼の望むこと、とても、無理だとも思えたのです。

e1590a0e6552bf62d20b3b30569dd0a2-630x495.jpg

はしたないほど、お口を開いて、
喉の奥にまで、彼のものを含んだつもりでしたが、
それは、彼のもののすべてから比べてみれば、ほんの僅かにしか過ぎませんでした。

涙を浮かべながら、彼のゆっくりとした腰の動きのままに、
いつのまにか、彼の逞しい裸の腰を両手で引き寄せるようにして、
お口の中で、更に膨れ上がり脈を打つものに、まるで、許しを請うように、
激しい喘ぎの中で、ただ、一生懸命、舌を絡みつかせていたのです。
そして、その舌に応えるようにして、
脈打つ彼のもの、ますます、大きく太くなってくれていたのでした。

01668.jpg

このまま、彼の濃い、おびただしい精液、飲まされても良いと思いました。
いえ、そのすべてを飲ませて欲しいと、
むしろ、私の方から、そう思っていたのが、正直な気持ちだったのかもしれません。
それほど、その長大なものを知らされた私の身体と気持ちは、
もう、彼のそれの、従順な虜にさせられていることを、
しっかりと、思い知らされていたのでした。

cum_eating_4549-082s.jpg

男の人の身体と繋がり合う、最も自然な形を望まれていることが察せられ、
両方の白い太ももの内側にそっと熱い手を添えられると、
むしろ、私の方から、これ以上は無理だと思えるほど、
開いた恥ずかしい姿を、彼の前にさらし、
彼のものに合わせるように腰を浮かし、迎えるその時を、求めてしまっていたのです。

see24.jpg

その先から滴り落ちる透明な液と、
正直に身体の奥から滲み出す私の愛液の、混ざり合うような恥ずかしい音が、
二人の性器がゆっくりと擦られ合う度に、聞こえてくるようでしたが、
そんな居た堪れない時間が続くとき、とうとう我慢できないで、
腰をくねらせ、その時を求める桃色の声をあげたのは、私の方からだったのでした。

ju65s.jpg

お口を犯されたとき、自分の身体では、
とても迎えられないと思えた、恐ろしく太く長大な彼のもの、
けれど、その根元まで、一気に、
身体の一番奥の肉壁にまで、突き入れられてきました。
そして、幾らの隙間もなく、それがしっかりと届いたこと感じた瞬間、
大きく口を開き、聞こえない声を叫びながら、一瞬で、鋭い悦びに昇り詰めていたのです。

無題1

私をどうするつもりなのでしょう。
私はどうなってしまうのでしょうか。

えぐられるような腰の動きと、経験のない身体の奥を押し開くような感覚に、
何度も、何度も、悦びの頂に昇り詰めさせられていました。
胸を仰け反らせながら、声を嗄らしながら、涙を流しながら、
彼のもので、しっかりと繋がった恥ずかしい白い姿、
見せ続けていたのです。

ju65s.jpg

けれど、その重ね続く強い悦びに耐え切れなかった私、
いくらもしないうちに、とうとう、敢え無く気を失ってしまうと思った瞬間、
彼の背中越しに見上げた天井に、幾つかの眼差しが見えたような気がしました。
その光は、あぁ、一条戻り橋の下ですれ違った人から向けられた、
あの眼差しの不思議な光のようにも思えましたが、
もう、その時には、何も分からないところに、誘われていったのです。

mig.jpg

関連記事
15:31  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(7)
 | HOME |  NEXT