FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

小舟の行方 8

2017.11.11 (Sat)


cf148b24-s.jpg

耳たぶを、首筋を、肩を、背中を、そして、背中や腰のくびれを、
ゆっくりと這い回る彼の手のひらに、仰け反りながら、甘い声を聞かせてしまっていたし、
身体の前に回された彼の両手が、
持ち上げるように揉み上げる両胸から、少しずつ沸き上がる桃色の快感に、
思わず彼のくちびる、振り返りながら求めてしまっていたのでした。

このまま、ここで、彼の望むままに、身体、繋げてしまうのかしら、
懐かしい男の人のもの、あの時と同じように、身体に迎えてしまうのかしら、
そして、最後には、彼の男の人のしるしを、奥に。

141209-0056.jpg

身体を這い回る彼の手から与えられる快感とお湯の温かさに、
朦朧としながら、もう、諦めようとしていました。

140507c_0018-580x326.jpg


「あぁ、我慢できなくなりそうだ」
そう言うと、ゆっくりとお湯から立ち上がった彼、
自分の方に向かわせた私の顔に、自分の腰、近づけてきたんです。

髪に彼の両手を感じると、喘ぎのために濡れたくちびるに、
彼の燃え上がるように熱い男の人のもの、そっと触れてきたことが分かり、
そして、少しずつ、私のくちびるを押し開き始めたのでした。

c83f259bdde850c5d738542ecc11b473-630x472.jpg

それは、これまでの永い彼との身体のお付き合いの中で、
初めてのことではありません。

夜の兼六園の黒い松の陰で、驚くほどおびただしい彼の男の人の液、
彼が満足するまで、お口の中に注がれたことがあったし、

02455.jpg

夫に言われるがままに、
彼と、他人ではなくなる初めて夜を過ごすため、
ふたりだけで訪れた宇奈月温泉の宿の寝具の上で、
いよいよ、彼の望んでいたその時、
白い太ももを開き、秘唇を濡らしながらも、ひどく泣きじゃくる私を案じ、
自分の温かな液、何度も飲ませることだけで我慢してくれたこともありました。

15eac78344f564570131887ce2af126b-630x703.jpg

「夜まで、時間はあるから、一度、飲んでくれる、あの時みたいに」

私のこと、気を失うまで悦ばせてくれたこともある、彼の男の人のもの、
一度、お口の一番奥にまで、ゆっくりと入ってくると、
私、少しむせながらも小さく頷き、言われもしないのに、舌を絡め、
彼の腰を両手で引き寄せるようにして、髪を揺らし始めていたんです。

e1590a0e6552bf62d20b3b30569dd0a2-630x495.jpg

関連記事
14:09  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(2)
 | HOME |