FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

小舟の行方 7

2017.11.04 (Sat)


1493-23s.jpg

ひとりではもったいないほどの檜のお風呂の柔らかなお湯に、
自分でもほれぼれとしてしまう白い裸の身体を浸して、目を閉じていました。

nyuuyoku_4862-001s.jpg

それほど、広くはない浴室でしたが、
木の香りが満ちていて、身体も、そして、揺れるこころも、
いくらか癒されているようにも思えました。

993eba2a7c392ac16a4a663bbc197c30-630x371.jpg

さっきまで、永い間、重ね合い、吸い続けたくちびるが、
なんだか、腫れぼったくなっていることを、感じていましたが、
それは、仕方のないことのようにも、思えていたんです。

お互いか、恥ずかしい喘ぎ声さえ漏らしていた永い抱擁のため、
とうとう、ずるずると座り込んでしまった私を、やっと、放してくれた彼。

「外、少し歩いてみようか」

そんな、言葉に頷くと、
お部屋に用意してあった作務衣のような着物に着替えましたが、
彼が脱いだワイシャツやスラックス、
かいがいしくハンガーに掛けるなどしてお世話しましたよ。

e542ebdfa77aa91bebcb41d7013693da.jpg

ふたりで、散策に出かけましたが、誰かに逢わないかって心配しました。
高校、大学と京都で暮らした私のこと、知っている人、多いんですよ。

幸い、それほど、広くもない敷地の木々の間を、
見た目には、本当に仲の良い夫婦のようにして歩きました。
ついさっきまで、抱き締め合い、唾液を啜りあった彼、
何も言われもしないのに、私の方から、逞しい腕に、自分の手を絡ませていたのです。

500_19567654.jpg

浴室のドアが開くと、笑みを浮かべながら、彼が入ってきて、
ふたりには、少し狭い檜の浴槽に近づいてきました。

44aee81d4621fdd81fe719d821cd09dc-630x886.jpg

ちょっと、驚いた私、慌ててタオルで、胸元を隠しましたが、
彼、私の背中を見下ろしながら、身体、お湯に沈めてきたのです。

cf148b24-s.jpg

彼の裸を背中に感じて、身体を硬くしましたが、
前に回されてきた手に抱き寄せられ、くちびる求められ、
やっと治まっていた桃色の時間を、思い出してしまったのでした。

02346.jpg

「あの時と同じように、本当に、綺麗な身体のままなんだね」

そう言って、タオルを剥がした彼の手のひらが、私の両胸に被せられると、
ゆっくりと、その柔らかさを楽しみだし、
それに、正直に応えるようにして、私の身体の芯に、
くちづけのときとは違う、はっきりとした快感が、湧き上がってきたのでした。

00670.jpg


関連記事
13:49  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(6)
 | HOME |