FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

小舟の行方 5

2017.10.20 (Fri)


「ごめんね、さっきは」

彼らしくなく、強引に私の手を引いたこと、
彼自身も、本意ではなかったのかもしれません。
何も応えないで、自動車の窓の外を流れ去る、京都の街並み眺めていましたが、
あぁ、嵐山に行くのかしら、きっと、新緑が綺麗でしょうね。

京都駅から30分ほど走った後、桂川を渡り、
道の両脇に見えるよく手入れされ数本の松を過ぎたところで、
渡月橋の際から狭い道に入っていきました。

あらっ ここには来たことはないわ、何があるのかしら。

4f09e6bfbede3dfaad8c8fd62f8977f3.jpg

自動車から降りると、まぁ、船着場には、可愛らしい木製の小舟が。

手を引かれるままに乗り込んで腰を下ろし、暫くすると、
ふたりだけを乗せた小さな舟、ゆっくりと桂川を川上に向かって進み始めました。

f7c053bc293a92f1e1b67b56873ba7cc.jpg


彼の温かさを感じるほど、ふたり並んで川沿いのみどりを楽しみましたが、
春先の桜や、紅葉の季節も、きっと素晴らしい景色だと思われましたよ。

船頭さんは、前を向いてるから大丈夫だからでしょうか、
そっと、私の手に重なってきた彼の手のひら、
故郷を離れ、そこに住む大切な夫の元を離れ、そして、住み慣れたこの街からさえも、
せせらぎの音を聞かせてくれる、この流れの隔たりによって、
いつもではない時間の中に、誘われていたのかもしれません。

8abae2b620acfeb0eef49c2e0c0ccc54.jpg


そして、それと同時に、いけないことだとは分かっているはずなのに、
こころの中にゆっくりと入り込んできた彼のこと、
だんだんと、許し始めていたのでしょうか。

それが、間違いないことのように、
重ねられていた彼の手、自分からそっと、握り返してしまっていたのでした。

白い岩から張り出した、濃い木々の枝が、
穏やかな緑色の川面に、くっきりと蔭を落としているのを、
うっとりと眺めていたんです。

20分程で木製の船着場に到着。
降りる前になって思い出したんですが、
あぁ、ここって、話題になっていたリゾート施設なんですね。

船着場から、緩やかな石畳の坂道を登っていくと、
日本家屋風に作られた建物がフロントになっていて、
館内の木目を活かした設えも、落ち着いていて、風情がありましたよ。

500_19567617.jpg

端から見たら、仲の良い夫婦のように見えたのでしょうね、
「素敵なところですね」って、館内を見上げながら言ったら、
「ありがとうございます。
奥様のようなお綺麗な方に、そう言っていただくと、励みになります」だって。

まさか、奥様と呼ばれた私が、
隣でレジカードを書いている、本当は夫ではない男の人に身体を開く夜を過ごすなんて、
きっと、思ってもいなかったんでしょうね。

f64164118a7755d8fa15a1465cde1979.jpg
関連記事
14:28  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(5)
 | HOME |