FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

小舟の行方 6

2017.10.28 (Sat)

92fcdbc5cc6c63a401503d5c3a961997.jpg

案内していただいたお部屋。
岸辺の新緑の向こう側に、
さっきまで、船で辿ってきた桂川が見下ろすことができて、
素敵でした。

14958244_1160614244015232_1953071571_o.jpg

うっとりと新緑を愛でていた私の背後から、ゆっくりと胸元に両腕を回してきた彼、
当たり前のように、首筋に温かな息遣いを感じたのです。

拒むように、彼の両手から上手にすり抜けようとしたのに、
そんな私を予想していたかのように捕まり、
そして、胸元に抱かれ、彼の顔が近づいてくるのが分かりました。

彼の腕の中で身体を揺らして抗ったのに、
あご先に手を添えられると、諦めたように顔を向けてしまったのです。

1873-12s.jpg

彼からのくちづけを許したのは、もう、随分、前のような気がしましたが、
ゆっくりと触れてきた彼のくちびるから覗いた熱い舌先が、
私のくちびるを開きだし、逃げ惑う舌先に絡み付き、
どろりと飲まされた懐かしい唾液の味を、しっかりと思い出してました。

59ce7fee.jpg

腰を抱き寄せられ、本当の恋人たちのように、
永い間、お互いが、お互いのくちびるを、重ね合いました。

何度か、喘ぎと息苦しさから離れてしまった私のくちびるは、
幾らもしないうちに、また、求められ、
慌てるように、重ねあい、舌を絡ませ、唾液をすすりあっていたのです。

17dbdc90.jpg

その桃色の快感に、後先のこと、考えられませんでした。

彼の背中越しに、トロッコ列車と川くだりの舟が何度か過ぎ去って行き、
窓際で身体を重ねあっているふたりの姿、見られてるかもしれないって、
そうも思いましたが、
いつの間にか、彼の背中に回してしまっていた両手を引き寄せるようにして、
喘ぎの中に、甘い声を漏らし続ける自分を、許してしまっていたのでした。

DSC01212.jpg
関連記事
08:09  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(2)
 | HOME |  NEXT