FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

小舟の行方

2017.09.17 (Sun)


京都の五月を楽しんでいます。

叔母さんのことで、高校大学と暮らしていた京都にいます。
毎日、入院している叔母さんの病院に行って、身の回りのものを届けたり、
お話し相手になったり。

永く高校の校長先生をしてて、今、神戸の大学で講師をしている叔父さんは、
講義の関係で、週の後半は大学の宿舎に泊まるので、それほど、手は掛からないんです。
子どものいない叔母さんのところで、高校時代、実の娘のように暮らしていた私、
その時、お世話になった分、孝行しているつもりです。

w621_20120503122124.jpg


五月の京都は、散策するのには良い気候ですよ。
今日は、お見舞いの後、ひとり叡山電鉄に揺られて、
貴船神社付近の新緑を楽しんできました。

和泉式部が、こころの離れてしまった夫との、復縁を果たしたことから、
縁結びの神様として、人気ありますよね。

13116663_299348260396195_1527151561_n.jpg


昨夜、幾らか雨が降ったお蔭でしょうか、新緑のもみじの間を吹き抜ける、
気持ちの良い緑風を、東屋で楽しみ佇んでいたら、
あらっ 電話だわ。
やだぁ Tさん。
どうしようかなぁって、ちょっとだけ、慌てました。

夫ではない男の人からの電話。
でも、もう、何度も身体を繋ぎあった時間を過ごし、
その男の人のしるし、
幾度となく、注ぎ入れられたことのある人だから。
知らない振りするの、それは、やっぱりできるはずもなくて。

他人ではなくなるって、やっぱり、こんなことなんだろうなって、
そう、思います。

24b7ddb2.jpg


「明日、そっちで逢えるよね」
「駄目よ、ふたりだけで逢うなんて」
「もう、話してあるから」

Tさんが、ひとりで京都にいる私と、ふたりだけで逢いたと言ってるって、
暫く前、夫婦の営みの中で、夫に言われてました。

でも、断ってほしいって、そう、言ったはずなのに。
ふたりが逢えば、もしかしたら、また、あってはならない時間が流れてしまうって、
夫も、分かっているはずなのに。

berochu_5205-052s.jpg


けれど、彼の微かな息遣いを聞きながら、
明日から、叔父さん、いつものように神戸に行くって言ってたし、
叔母さんのお見舞いも、午後には終わるわって、
逢ってはいけない人から求められた時間、工面していた自分に気付いて、
私自身が、驚いていたのです。

berochu_5205-065s.jpg
関連記事
14:57  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(6)
 | HOME |