FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

雪まつりの夜3

2017.09.02 (Sat)


「幸せそうでよかったわね。子どもさんたちも、もう、随分と大きくなったでしょ」
「うん、順子さんに、いろいろ教えてもらったからね」
「えっ! 何よ、いろいろって」
「だって、順子さんが、初めての女の人だったから」
「もう、駄目よ、忘れるのよ。昔のことは」
「忘れられないよ、順子さんのこと。
あの子を抱きながら、順子さんだったら良いなぁって、
いつも、思ってるんだ」
「駄目よ、知らないわよ、そんなこと言って」
「今夜、お部屋に行って、いいよね、一人部屋なんでしょ」
「馬鹿ぁ、そんなことしたら、私、困るんだから」
「大丈夫だよ、あの子、お酒、弱くて、すぐに寝ちゃうし」
「もう、冗談はそのくらいにして」
「だって、順子さんの身体思い出したら、ほら、堪らなくなっちゃったよ」

そう言って、薄い浴衣越しの私のお尻に、
明らかに固くなった熱い男の人のもの、ぐりっぐりっって、
押し当ててきたのでした。

dd4381a9fe5be0ab1110bd26cd634f57-630x900.jpg

「部屋の鍵、開けておてね」

そう言うと、やっと身体を放してくれたよし君の後ろ姿、
甘い息吐きながら、見送ったのでした。



二日目は小樽訪れ、その日の夜は、札幌に戻って、夜の雪まつりを楽しみましたが、
北国のお料理を含めて、とても、楽しめ北海道最後の夜だったんです。

8d71e251.jpg

けれど、その夜、思いもかけなかった、そんなよし君からの誘い、
彼にとって、初めての女性として、
そして、人妻でありながら、彼の若さに自分を失っていた、そんな昔のこと、
やっぱり、私の身体が、今も忘れられなかったのでしょうね。

皆さんには、お話しできないような、自分のこころの揺れに苛まれた、
そんな、夜だったんですよ。

resize_img (4)



旅行から帰ってきて、
トラベルバックから、お洋服をクローゼットのハンガーに掛けました。

最後に、ピアスを外して、イアリングボックスに戻すときに、
はっと、しました。
今、自分の指の先にあるピアス、
数日前に、同じボックスから出して、
旅行中に使っていた、見覚えのない、あのピアスではなかったのです。

01091741_52ce60b0e44be.jpg

旅行の最初から、三日間、自分の耳元にあったピアスとは、まったく別の、
昔から、私が良く使っている、大好きなそれだったんですよ。

じゃぁ、あのピアスは?

でも、そのことは、知らなくてもいいことのように感じて、
私、そっと、瞼を伏せると、
今は、もう、思い出せない、あの、匂いを思いながら、
イヤリングボックスの蓋、ゆっくりと、閉じたのでした。

fc2blog_2017021113411005a.jpg

関連記事
13:47  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(4)
 | HOME |