FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

小舟の行方3

2017.09.26 (Tue)


0c4e7162-cb9f-4c82-84d4-54abe73f19af.jpg


「あぁ 今、逢えたよ。隣に座ってる」

言われたように、京都駅の裏にある駐車場に行くと、
見慣れたTさんの紺色の自動車が停まっていました。

p1.jpg


薄いスカートに気を付けながらドアを閉めると、
いつものように、良い香りがしました。

「あぁ、ちょっと、代わるから」

そう言って持たされた電話から、
なぜだか今は懐かしい、夫の低い声が、
随分と遠くから聞こえたような気がしたんです。

「楽しんでおいで」

何も言えないままの私。

「あぁ、約束通り、時々、報告するから」

そう言って、電話を置いた彼、人目が無いことを良いことに、私の肩を抱き寄せると、
青いイヤリングの揺れる耳たぶに、熱い息を感じさせながら、
くちびる近づけてきたのです。

tumblr_ntuea0TVct1u8m4aeo7_1280.jpg


「君が駅から歩いて姿を眺めているだけで、堪らなかったんだ。ほらっ、こんなに」
 
「えっ いやっ」
驚いて髪を揺らして抗ったのに、引かれた手のひらが、
彼のチェックのスラックスの前に引き寄せられると、
私を求める懐かしいふくらみに触れ、その温かさを感じた途端
彼の手が望むがままに、ゆっくりと摩りだしていたのでした。

img_23.jpg


抗うことも、拒むこともできませんでした。
それは、できたはずなのに、なぜか、出来なかったのです。

自分は、たった今まで、声を聞いていた夫の、紛れもない妻であるはずなのに、
今、自分の身体を求める、違う男の人の熱さに触れて、
大切な夫への貞操が、だらだらと溶け出していることを、感じていたのでした。

sex_5741-177s.jpg

関連記事
15:59  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(2)
 | HOME |  NEXT