FC2ブログ
02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

台湾旅行5 上がらなかった幕

2017.03.27 (Mon)


レースのカーテンの向こう側に、
思っていたよりも、近代的なビルの光が、並んで見えていました。

Nさん、私と身体を重ねるために、身に着けているものを脱いだときに、
ルームランプの調整をしてくれたのでしょうね。
枕もとの、微かな光が、私の身体に触れている、Kさんの上半身が染めていました。

e887bae781a3.jpg

筋肉質だと思える、硬い逞しい腰が、
それを待ち望んでいるだろう、私の恥ずかしく濡れた秘唇に、
幾らか乱暴だと思えるほど、強く押し当てられてきて、
私、仰け反りながら、細い声、彼に聞かせたのです。

630x388.jpg

もう、後戻りの出来ない瞬間が訪れるだろうと、覚悟をさせられた時間が流れ続けましたが、
もうろうとしていた頭の中の、うっすらとした霧が、
ゆっくりと、晴れだしたような気がしました。

人妻として、求めてはならないその時が、
いつまでも、訪れないままの時間が過ぎていったからです。

Nさんの、聞いたことのないような、曇った声が聞こえ、
手を引かれると、彼の男の人のもの、握らされました。

あぁ、まだ、なのね。柔らかいままだわ。
そう思いましたが、人妻として慣れた私の手のひら、
ゆっくりと、それ、摩り始めたのでした。

上場会社の部長として、社会的にも活躍されながら、
「女の人とのことで、随分と、泣かされたのよ」
そんな奥様のお話のことも思い出されました。

端正な顔立ち、逞しくて、スマートな体つき、
深い教養と、上品なユーモア。
本人がそうでなくても、周りの女性が、彼のこと、放っておかないこと、
無理もないことだと思えました。

que-1192103806.jpg

夫との旅行であったはずの、地中海旅行でも、
彼への淡い感情、抱かずにはいられなかったこと、正直な気持ちだったのです。
パパ、ごめんなさいね。

その旅行中に、なりゆきのままに、二度、彼に抱かれ、
幾度も、彼の精液、抗いながらも、身体の奥に受け入れました。

あれから、随分と、日は流れたけど、
その時に、私に注がれた、彼のしるし、
今も、身体の隅々にまで、染み渡っているような気がします。

d0f5c9dc-s.jpg

彼に抱かれる、夫ではない男性なのに。
けれど、一度、抱かれた女として、彼の望む営みのために、
今、こうして、握らされているもの、
彼の望むようにしてあげること、それは、私の努めのように思えました。
男の人と女の人が、他人でなくなるって、そういうことなんでしょうね。

白く細い指を絡め、彼の男の人のもの、ゆっくりと摩り続けました。
けれど、地中海の時のように、しっかりとはなってくれないままでした。

私がいけないんだわ。
求められもしないのに、私、彼の柔らかなもの、そっと、お口に含むと、
溢れるような唾液の、はしたない音を立てながら、
舌を絡め、吸い立てたんです。

01668.jpg

厚い筋肉質の胸元にある、可愛らしい乳首にも指を這わせもしましたが、
やっぱり、彼のもの、変わらないままだったのでした。

長い時間が過ぎたような気がしました。

赤く熱を帯びていた私の身体が、少しずつ、冷めていくように思えたその時、
「うっ」と、いう、彼の曇った声が聞こえ、お腹に力が入ったこと感じられました。

そして、それまでと変わらないまま柔らかだった彼のものから、
間違いのない、強い匂いのする彼のしるし、
私のお口の中に、だらだらと流れ出したのです。

それは、女の人を、強い悦びに誘う熱さには、程遠いものでした。
いくらかの勢いさえないままに、ただ、私のお口の中に、流れ出ただけだったのです。

激しい息遣いも、燃え上がるような身体の熱さも、ありませんでした。
ただの、液体のように、お口に注がれた彼のものを、感じているだけだったのです。

02455.jpg

なぜだか、飲み込むはできずに、傍らにあった、清潔な白いバスタオルの上に、
ゆっくりと、けれど、一滴も残ることないように、吐き出しまいました。

それは、私のこと、女としての悦びに誘うことのできなかった、
彼の液の行き場所として、ふさわしい、仕方のない処だと、思ったのかもしれませんね。

a339df84-s.jpg

僅かに、薄っすらと茜色の広がる部屋の中に、
Nさんの、少しだけ荒い息遣いが聞こえていました。

裸の姿だった私は、そっと、身体を起こし、ベッドに掛けなおすと、
ベッドサイドの下にあったテッシュを抜き出し、
もう一度、口元を拭いました。

Nさんは、何も言いませんでした。
そして、私も、何も言えませんでした。

隣のベッドの上に置かれていたナイトウエア、裸の肌に掛けると、
一人だけには広すぎる広いベッドに、そっと、横になったのです。


こうして、静かに幕を降ろしたNさんとの夜、
次の日の穏やかな朝がきても、その幕は上がらぬままだったのです。

e887bae781a3.jpg
関連記事
14:54  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(6)
 | HOME |