FC2ブログ
02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

台湾旅行2 台北

2017.03.06 (Mon)


どすんっ!って、揺れたことが感じられて、目を覚ましましたが、
すぐに、快適な時間を終えた飛行機が、
滑走路に降り立ったことが分かりました。

maxresdefault.jpg

あぁ、夢を見てたのね、
それにしても、あんなに恥ずかしい夢を見るだなんて、
どうかしてたんだわ。
私、誰にも気づかれないように、ひとつ、小さな息を吐きました。

「夢、見てたんだろ、何か、むにゃ、むにゃ、言ってたよ」

隣の席にいたNさんから、そう、耳打ちされ、
ブランケットの中で、そっと、手を握られると、
私、恥ずかしくて、顔、伏せるしかありませんでした。

思いもかけず、身体の関係を結んでしまった地中海旅行を終え、
すぐに、もう一度、神戸で逢いたいとのNさんからのお誘い、
奥様の都合でお逢いできなかったこと、
それは、それで良かったと思ってたけど、
その代わりにって、
年末に、四人で、台湾に旅行することになってしまったんです。

主人も私も、台湾は初めて、
Nさんご夫婦は、これまで、二度、行かれたことがあるとのことで、
旅行自体はツアーでしたが、
自由時間は、いろいろと案内してくれるとのお話でした。

一日目は、台北桃園空港から、
ツアーバスに乗って、九份と十份を観光。

十份の村では、天燈(ランタン)に、自分のお願いを墨書きして点火、
茜色に染まり始めた夕空に、
「いつまでも、二人、仲良く」って書いた天燈が、
ゆっくりと舞い上がると、
いろいろなことが胸をよぎり、ちょっと、感傷的になりました。
隣で佇んでいた主人の手に、
私の方から、そっと、自分の手、絡めたんですよ。

DSC_0067.jpg

その後は、九份の街。
宮崎駿先生の「千と千尋の神隠し」のモデルになったと言われるこの街。

DSC_0104.jpg

赤い提灯の並ぶ、長い石畳の階段を登りあがって、
作品にもあった、素敵な建物を見学ながら、中華料理のお夕食。
面白いお店もたくさん並んでいて、よかったですよ。
皆さんも、是非、来られてくださいね。
お勧めします。

DSC_0106.jpg


「楽しかったね」

台北の有名なホテル、遥か遠くの台北101をはじめ、
思っていたよりも都会だった、台北の夜の灯を眺めながら、
主人にそっと、肩抱き寄せられました。
うなずくと同時に、少し背伸びして、くちびる、おねだりしましたよ。
涙がでるほど、幸せだったんです。

1c617222-s.jpg

もしかしたら、Nさんから、
地中海の時のようなお誘いがあるかもしれないって、
そうも、心配してたんですけど、
それは、取り越し苦労だったみたいで、
大好きなパパと、こうしていられるんですから。

白い太ももの付け根、恥ずかしい桃色の秘唇に、
大好きなパパの、大好きな男の人のもの、しっかりとはまり込んでいたと思います。
二人の身体が、幾らの隔たりもないように、繋がっている様子を、
パパ、嬉しそうに見下ろしながら、ゆっくりと、腰、振ってくれました。

sex_4610-001s.jpg

旅行先で、男の人って、元気ですよね。
それって、パパも同じ、旅行の楽しみって、もちろん、観光もそうだけど、
パパからゆっくりと愛してもらうことも、そのひとつなんですよ。

今夜の営みもフルコース。
二人でシャワーを使った後は、何も身に着けないで、ベッドにダイビング。
言われるがままに、白い太もも、ゆっくりと開くと、
パパのくちびる、恥ずかしい秘唇に感じたし、
大好きなパパのもの、これ以上は無理だと思えるほど深く、
お口の奥にまで咥え込みました。

0c01c450-s.jpg

何度、幸せの頂を告げたのか覚えていません。

赤ちゃんのこと、ちょっと、心配な時期だったので、
最後は、パパの固くなったもの、私の胸に挟んで摩ってあげて、
大切な白い液、お口の中に出してもらって、
いっぱい、飲ませてもらいました。

02455.jpg

旅行一日目の夜、
心行くまで愛された身体、優しく抱きしめられながら、幸せな時間を過ごしたのです。

0005.jpg





関連記事
16:31  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(10)
 | HOME |