FC2ブログ
02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

台湾旅行5B 交代式

2017.03.30 (Thu)


ホテルのレストラン、窓際の眺めの良い席、
Nさんと二人、少し歳の離れた仲の良い夫婦のようにして、
ビュッフェスタイルの朝食を頂きました。

主人とのお部屋に戻れなかったから、
自分の洋服が、昨日と同じこと、ちょっと、気になったけど、
後で、お部屋に戻って、着替えるつもりでした。

お昼と夕食、きっと、今日も中華料理だからだろうと思って、
Nさんには、卵料理やハムとソーセージ、
それに、フレッシュサラダを持ってきてあげましたよ。
洋食が食べたかったんだって、
Nさん、美味しそうにフォークを動かしてました。

ダウンロード

良かったわ、少し、元気になってくれて。
でも、やっぱり、私、複雑な気分だったんですよ。
それに、パパと奥様、とうとう、レストランには、やってこなかったんです。

いつものように、ツアーのバスが迎えに来てくれましたが、
奥さまに誘われて、一番前の、見晴らしの良い席に、
並んで座りました。
12名のツアーに、大型バス一台が用意されていたので、皆、ゆったりと座れて、
私たちの周りの席、誰も座ってなかったんです。

DSC_0429.jpg

「ごめんなさいね、昨日の夜は。地中海の時みたいに、無理なお願いして」

私、返す言葉を見つけられませんでした。

「聞きにくいんだけど、で、どうだったの、主人」
「えっ」
「あぁ、そうなんでしょ、やっぱり、駄目だったのね。
 綺麗なあなたがお相手だったら、もしかしたらって、思ったんだけど」

私、慌てて目を伏せると、
パンフレット、握りしめるしかありませんでした。

「去年の夏の終わりごろから、夜のこと、すっかり、駄目になっちゃって。
 定年退職まで、あと3年、
 部長になって、いろいろと、お仕事が忙しくなったからかしら。

 あなたがお相手で、元気になってくれるんだったら、
 それなら、仕方がないって思ってたけど、
 やっぱり、あなたのこと、満足させられなかったのね」

sex_5741-124s.jpg

そう言うと、奥様、窓の外の緑あふれる景色に、涼しげな綺麗な視線、
一度、移したんですけど、
急に思い出したように、私の顔、見直すと、

「あっ、ごめんなさい、だんな様のこと、一晩、お借りしちゃって、
 ありがとうございました。
 主人があんなで、男の人、ずいぶん、ご無沙汰だったから、
 すっかり、お世話になっちゃって、
 どうしようもないくらい、泣かされたわ。
 それにしても、順子さん、お幸せだわね、
 ご主人、あんなにハンサムで、優しくて、
 それに、あんなにおっきいんだもん。ふふ。

 ごめんなさいね、今朝だって、
 起き抜けのご主人に噛り付いて、離さなかったのよ、私が。
 やだぁ、なんだか、思い出しちゃったわ。ご主人の」

sex_5741-052s.jpg

そう言うと、奥様、胸に手を当てて、
うっとりとした眼差しになってしまったのでした。

「虹の村」という、狭いエリアの建物や村中を、
そこに住むおじさんが、
なんだか、面白く、見事にペイントした観光地を見学。
丁度、そのおじさん本人がいらっしゃったので、
写真、一緒に撮りましたよ。

DSC_0293.jpg

移動の途中で、ガイドさんが自慢してた、
美味しい、台湾バナナもいただきました。

DSC_0308.jpg

昨日の夜のこと、パパには聞かなかったし、
そして、同じように、Kさんとのこと、お話しませんでした。

あんなに満足させるほど、
パパ、奥様の身体、熱心に抱いた話、聞くの嫌だったし、
私だって、パパにいえないようなこと、Kさんに、してしまったんだから。

six_nine_4920-015s.jpg

その後、台湾では新婚旅行のメッカと言われる、日月潭という湖に到着。
中国宮殿では最大と言われる文武廟があって、
気持ちよく晴れた空の下、素晴らしい景色でした。
けれど、自殺の多いところとのお話もあって、残念だったですね。

DSC_0334.jpg

昨日、新幹線で南下した距離を、
バスで北上して台北に戻ってきて、忠烈祠に到着。
国のために殉難した方々を祭る施設、
その中でも、衛兵さんたちの交代式が有名ですよね。
始めてみましたが、本当、若い衛兵さんたち、立派でした。
感激しましたよ。

DSC_0375.jpg

四川料理の夕食を頂いた後、今夜のホテルに到着。
いつものように、素敵なお部屋でしたが、
Nさんから内線があって、買い物に出かけることになったんです。

当たり前のように、Nさんに腕を組まされて歩き。
まずは、奥さまが言われる、中華靴を買いに、地下鉄に乗りました。
台湾、最後の夜、思い出深い、素敵な時間になればって、
その時は、そう、思っていたんですが。






関連記事
17:39  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(6)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。