FC2ブログ
01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

M先生とのこと7 納涼床2

2017.02.20 (Mon)


少し早目にホテルに着くと、予約してあった納涼床に案内されましたが、
近くにいる男の人たちの横を歩くとき、なんだか、視線感じて、恥ずかしかったんです。

裾が乱れないように、腰を下ろすと、
夕暮れの川面に、何かしら啄んでいる、数羽のアオサギが見え、
お昼は暑いほどの気候だったのに、
少し早いと思えた納涼床に、涼しげな風が吹き抜けてました。

room01 (1)

「早かったんだね」

暫くすると、先生、ひとりで来られて、隣に座られましたが、
なんだか、良い匂いがしました。
衝立があったからでしょうか、先生、人目を気にしないで、
私の、太股に、手のひらを乗せられたんです。

「約束、守ってるよね」

私、少しだけ慌てましたが、小さく頷いたんです。
そんな私の応えに、先生、嬉しそうにされて、
浴衣の裾から、手を忍ばせるようにしたんです。

「先生!」って、私、小さな声。
前は河原だし、衝立のお陰で人目の心配はないけど、
後ろにあるホテルのお部屋からは、偶然、覗かれているかもしれないわ。

s_0058.jpg

先生に、そうされたこと、本当は嬉しかったけど、
やっぱり、ここでは困るわ。

「すいません、遅くなりました」

暫くすると、先輩たちが揃って来られました。
先生から言われて、皆、浴衣姿、それぞれの柄、いいですね。

「まぁ、順子の浴衣、良いわね、それに、髪飾りも素敵だわ」
「本当、柄も可愛いし、順子にぴったりだけど、
 でも、おっぱい大きいのって、こんなとき、困るのね」

4d8e12c6a.jpg

その言葉に、皆の視線が、私の胸元に注がれたのわかりました。

着物用のブラ、叔母さん、用意してくれてたけど、
先生の約束を守って、素肌に浴衣、着てきたんです。

やっぱり、ブラ着けてる時と違って、こころもとないし、
ふくらみ、ちょっと、隠せなくて。
紺色の柄だったから、良かったけど、
その時、もう、着物に擦られて、乳首、少しずつ、膨らんできてたんですよ。

oppai_5297-078s.jpg

運ばれてきたお料理、
はもつくしや、湯葉、そして、鮎。

02540-25263-pc.jpg

男性の先輩方には、ちょっと、ボリューム不足だったかもしれませんが、
やっぱり、美味しかったですよ。
日頃は、とても食べられないお料理、喜んで頂きました。

今度行く、山陰のこと、先生、お話されました。
石見銀山や柿本人麻呂、そして、万葉集のことなど、
難しくなりそうなお話でしたが、
私たちが旅行を楽しみにするように、上手に、説明していただいたんです。

いつものように、お酒、随分と飲まれていました。
お強いから、醜態さらさるようなこと、ないんですけど、
それに、楽しいお酒だから、皆も、一緒に盛り上がったんですよ。

夕闇が広がり、すっかりと夜が川面を流れ始めたころ、
楽しかった宴の会、散会になりました。

先輩方は、もう少し、どこかで飲まれるとのこと、
随分と誘われたんですが、
私は、ひとり、そのまま帰ることにして、ホテルの前で、皆とお別れしたんです。

4567315af443c-6b55-49f8-ac54-331917051240_m.jpg



関連記事
15:45  |  M先生とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(5)
 | HOME |