FC2ブログ
01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

M先生とのこと7 納涼床

2017.02.17 (Fri)


「納涼床にでも、行こうか」
そう、先生が言われ、コーヒーカップに口を付けられました。

先生のテーブル越しに座っていた先輩、

「いいですね、って、高いから、我々学生にはちょっと無理かなぁ」
「いいよ、出してあげるから、山陰に行くメンバーに、声、掛けてくれないか」
「ええっ、いいんですか。そりゃあ、断る奴なんていないですよ ねぇ」

本当に嬉しそうな笑顔の先輩、私の方に、端正な顔、向けたんです。
教授室で、島根への旅行の打ち合わせをしている時のことでした。

納涼床、京都の夏の光景として、有名ですよね。
私も、叔父さんたちに連れられて、時々、行ってました。

room01 (1)

鴨川沿いのホテルの前に造られた納涼床、
夕刻、川面からの涼しい風に吹かれて、美味しい京料理をいただきます。

でも、先輩が言ったように、ちょっと、お値段が。
学生には、敷居が高いですよね。
先輩、皆に連絡してくれて、週末に行くことになったんですよ。

02540-25263-pc.jpg

あぁ、それから、先生のご希望で、皆、浴衣で来るようにってご命令でした。
奢ってもらうんだから、仕方がないわね。
でも、皆と違って、私、下着を着けないで行くのかしら、
やだぁ、心配だわ。

009117.jpg

浴衣、叔母さんに連絡すると、取りにくるようにって。
昔、ミスなんとかに選ばれたことがある叔母さん、
私と同じくらいの身長で、着物、よく借りてたんです。

「順ちゃんは色が白いから、濃いめのが良いわね」

って、朝顔の柄の紺色の浴衣、黄色の帯を用意してくれてました。
良かったわ、もし、白地で透けたりすると、下着、付てないの、わかっちゃうから。

「簡単でいいから髪は上げるのよ、それから、髪飾りもつけなさい」

昔から、叔母さん、着物にはうるさくて、
お陰で私、振袖なんかも、自分で着付けできるようになりました。



シャワーを浴びて、浴衣、着ました。
姿見に映る、裸の私。
白い肌、括れた腰、そして、豊かな乳房。
自分でも言うのもおかしいけど、綺麗だと思えました。

oppai_5297-037s.jpg

先生が、少しでも私のこと振り向いてくれるように、もっと、もっと、素敵になりたい。
たわわな乳房、組んだ両手でそっと持ち上げると、そんなこと、思ったんです。
下着、随分と迷ったんですが、先生から言われてるようにしました。

叔母さん、着物用の下着も、準備してくれてたんですけど。

関連記事
16:46  |  M先生とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(3)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。