FC2ブログ
01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

M先生とのこと7 納涼床3

2017.02.23 (Thu)


20120513_2677647.jpg

西楼門の境内側の暗がりで、私、佇んでいました。

納涼床で、皆が来る二人だけだった時間に、
先生、私の太腿に手の平をあてながら、こう、言われたのでした。

「ここの席が終わったら、西楼門のところで待ってるんだよ。
 もっと、浴衣姿の君を、楽しみたいから」

神社までは、歩いて少しかかりました。
日頃、履きなれていない下駄だったので、すこし、鼻緒がすれたような感じだったんです。

季節が、そうだったから、そんな浴衣姿、それほど、珍しいことではなかったけど、
道路沿いだったら、人目につくからと思い、楼門の裏に、隠れるようにしてました。

それほど待つことなく、先生、来られ、腕を組むように誘われました。

浴衣の腕に、私、嬉しそうに腕を絡めると、ゆっくりと、歩きはじめたんです。
先生の肘が、私の胸元に押し当てられ、
その柔らかさを確かめるように、揉まれました。
淡い快感が身体に広がり、乳首まで反応して、ゆっくり、膨らみ始めたのがわかったのです。

oppai_5297-078s.jpg

本殿に向かって、先生にしな垂れかかるように歩きながら、
こうして、先生の身体に触れながら歩ける幸せを感じていました。

前に何度か来たことのある、本殿、見事な灯り、
けれど、その時の私には、なぜだか、ちょっと、眩しい感じがしたんです。

舞殿まで来ると、少しだけでしたが、人影がありました。
私たち、そこで左に曲がると、本殿の横を通りながら、
そのまま、北門の方に向かったのでした。

あぁ、もう、帰るのかしら、先生に腕を絡めたまま、そう、思ったのですが、
緩い階段を登ると、先生、本殿の裏手の道に回ったのです。

境内の明るさに比べると、そこは、暗がりと言えるような小路でした。
そして、その小路に入っていくらもしないうちに、
先生、私の手を引くと、更に暗い、小さな社殿の裏に、私のこと誘ったのです。

「かんにんして、先生。駄目、こんなところで」

私、慌てて、そう、言いましたよ。
けれど、ほらって、浴衣の前に手を引かれると、
もう、熱く、太く、脈づいていた先生の男の人のもの、
握らされてたんです。


先生、何も言わないで、私の身体を後ろから抱きしめ、
浴衣の裾をまくり上げました。
何も付けていない、私の白いお尻が、暗がりの中にあっただろうと思います。

1daeadb1.jpg

私、目の前にある、錆びた手すりに手を当て、
観念したように喘ぎながら、先生のもの待ちました。
男の人のものの先が、まだ、潤いの足りない、秘唇を、何度も突き上げ、
その度に、私の口から、小さな声がこぼれたんです。



こんなところで、
すぐ、近くには、人の声さえ聞こえそうなのに、
くちづけもなく、甘い言葉もかけられないままに、
動物たちのようにして、性器だけで身体を繋げ合うのでしょうか、

ひどく、恐ろしいことのように、恥ずかしいことのように思えましたが、
身体もこころも、この人のものである自分には、
もう、仕方のないことだと、諦めるしかなかったのでした。

浴衣の重ねから、先生の手が、入り込んできて、
右の乳房を被い、少し乱暴に揉み上げ、乳首を摘まみました。

納涼床で、先生の隣に座っていながら、
なにも、できなかった数時間の焦りが、今、ただれ流れ出したのでしょうね。
私の、秘唇も、驚く程早く、うっすらと開き始め、
そして、むかえるための、透明な液を、潤ませ始めたのです。

先生も、興奮されていたのでしょうか、
焦るように、私の腰を抱き寄せると、腰を押し付け、
とうとう、自分のもの、強引に私の中に、突き入れてきたのでした。

waki033.jpg

早く、私の中に、済ませたかったのでしょうね。
私の身体を、大きく揺らしながら、何時になく、激しく動き、
いくらもしないうちに、私の奥に、温かいものを迸らせたのです。

そして、その温かさを感じた途端、私、
上手に、先生と悦びの頂点を合わせると、
血が滲むほど、くちびるを噛みしめ、がくがくって身体を震わせながら、
あえなく、昇り詰めていったのでした。

私、先生と身体を繋ぎ合わせたまま、
喘ぎの治まらない身体を襲う、強い麻痺に、身をゆだねてました。

今しがた、身体の中に注がれた、温かい先生の液が、
秘唇から漏れ、太股の内側をつうって、流伝うのを感じていました。

5d945b31-s.jpg

帯が緩み、浴衣の重ねがはだけ、
今しがたまで、男の人のものを咥えていた秘唇から、
射精されたばかりの、温かい液を、滴らせていました。

そして、くちびるにあてがわれた、
先生の少しだけ柔らかくなったものを慌てるように咥えると、
必死に、髪を揺らしながら、残りの白い液を吸い取っていたのです。

18.jpg

部屋の中でもなく、ベッドの上でもなく、人の声が聞こえる、そんなところで、
こうして、男の人のもの、身体に迎え入れたのは始めてでした。

そして、こんなこと、これが最初で、最後だろうとも思ったのに、
それからの、先生と過ごした永い時間の中では、
この夜のことは、ただの、ささやかな始まりだったと知ったのは、
それから、暫くしてからのことだったのです。


関連記事
15:41  |  M先生とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(12)
 | HOME |  NEXT