FC2ブログ
12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

佐渡での数日

2017.01.23 (Mon)


恥ずかしくて、いたたまれなくて、
薄っすらと開いた、唾液に濡れた唇から漏れる桃色の細い喘ぎ声、
我慢すること、できませんでした。

自分の白く細い指を添えた、彼の熱いの男の人のものの先からは、
その余りの量に耐えかねて、滴り流れ、きらきらと光る透明な液が、私の指を濡らしていたのです。

「本当に、私でいいの?、初めての人が」

喘ぐ彼を見下ろしながら、そう尋ねたのに、
そう言った私自身が、ひどく取り乱していたのは、間違いありませんでした。

c0f574ab.jpg

片膝を立てて、お互いのものの位置を探り、
二人のおびただしい愛液に濡れた性器が微かに触れ合うと、

「あぁ」

って、私の方が先に、自分でも驚くような、甘い声、彼に聞かせてしまっていたのです。

「痛くない?」

なぜだか、そんなことを尋ねていました。
初めてのとき、女性と同じように、男の人にも、微かな痛みがあるって聞いたことがあったからです。

「えぇ」

男の子にしては、長いまつ毛を震わせながら、彼がそう頷いたのを見ながら、
私自身が、とうとう観念したように、少しずつ、ふくよかな腰、沈めだしてしまったのでした。

kj468_20140619184227dads.jpg

太い彼のものの先が、私の濡れた秘唇、ゆっくりと押し開き、
滴るように、愛液を滲ませていた自分の肉壁の奥に向けて
少しずつ、入り込みだしたの分かりましたが、
もう、その時、欲しくて、早く欲しくて、完全に自分を失っていたとも言えたのです。

彼にとって、忘れられない、始めての女性になる。
夫だけのものであるはずの、この、人妻の身体を開いて、与えて。
そのことに、どうしようもなく、こころ乱していたのは、私自身だったのでしょうね。



img-topSlide01.jpg

その年の初春、兼六園で偶然お逢いした、ある大学の先生とその教え子の学生さん。
葵さんと、この街の観光案内をさせてもらったお礼にと、
贅沢な夕食をご馳走していただいたんですけど、
その後行った素敵なカラオケの店で、学生さんである彼と、
ちょっと、人には言えないような恥ずかしい時間、過ごしてしまったんです。

45670c26-s.jpg

女の人の身体、まだ、知らない彼に、胸を触られ、露にした乳首さえ吸われましたが、
幸い、彼の男の人の液、私の手のひらで受けとめてあげることで、
その夜は終わることができました。

28_201308050507431d6s.jpg

女性との経験のなかった「彼の卒業」
そう言われていた宿題が、まだ、残っていたんですよね。

missionary_position_5262-049s.jpg

それから、暫くしてからでした。

「ねぇ、新潟の先生が、また、逢いたいって」

そう、葵さんから、連絡があったんです。

その時のお話「筆下ろしの夜」は、↓ から、どうぞ。

「筆おろしの夜」

「若い子の相手を、上手にしてあげることも、ベテラン女性の務めだよ。
どんなことがあったか後で話してくれるなら、 僕はかまわないよ」

主人にも、冗談のようにそう言われたし、子どもたちは丁度、林間学校でお泊りだったので、
少し心配しながらも、葵さんと二人で、二泊三日の佐渡旅行に、行くことにしたんですよ。



「先生、三年前に奥様を亡くされて、寂しいんだって、
今度の私との旅行、しょうがないわいよね。
 あぁ、順子、研一君のこと、お願いね。いいじゃない、あんなに可愛い子だもの、
 上手に可愛がってあげてよ、あなた、上手でしょ」

新潟までの列車の中で、葵さんとそんなことを話していました。
駅で二人と落ち合った後、新潟港から、ジェットフォイルで、両津港へ。
フェリーと違って、やっぱり、早いですよね。

2222.jpg

お約束のように、先生と葵さん、ちょっと離れた席で、あの時と同じように、いちゃいちゃしてたんですよ。
研一君も、私の隣の席に座って、コーヒーとか買ってきてくれて、優しかったです。

ダウンロード

暫く前のあの夜、
若者らしい、驚くような熱いたくさんの男の人の液で、私の手のひらを濡らしたものの、
彼にとっては残念なことに、そして、私にとっては幸いなことに、
身体を繋ぎ合う様なことはなかったのに、
この旅が、彼にとって、そして、私にとって、どんな数日になるのか、
薄っすらと予想はしながらも、その時は、もちろん、何もわからないでいたのでした。


両津の港から、二台のタクシーでホテルに向かいました。
当たり前のように、先の自動車に、先生と葵さん、
追いかけるように、彼と私を乗せた車が続きます。

それにしても、葵さん、だんな様のSさんには、何て言ってきたのかしら。
私の主人やTさん二人以上に、とっても固いお仕事なのに。
正直にお話して、許してもらえたのかしら。

素敵なホテルのロビーで、
先生から、お部屋の鍵を渡され、そして、夕食の場所と時間を教えられました。
えっ、私、葵さんと同じじゃないのって、そう思っていたのに、
当たり前のように、腕を組んだ先生と葵さん、さっさと、ロビーから姿消したんです。

20150124_1282906.jpg

まぁ、素敵って、声が出た、これ以上はないような、オーシャンビューのお部屋。
夏の見事なコバルトブルーを見せた日本海が、目の前に広がっていました。

この素晴らしい景色が、そう、今、隣で一緒にその海を眺めている彼との、
深い思い出になるのかしら、そうも思えたのです。

「ごめんなさい、無理言って、こんな遠いところまで」
「ううん、いいのよ。佐渡、久しぶりだったし、それに」
「それに?」
「宿題を残してた、研一君。あなたに逢いたかったから」

どうして、思ってもいなかったそんな言葉、言ったのかわかりませんでした。
けれど、自分でも気が付かないうちに、
彼との宿題を果たす覚悟、こころにあったのかもしれませんね。

案の定、後ろから羽交い絞めにされました。
ちょっと、乱暴な彼の両手が、前に回り、薄いブラウス越しに胸の膨らみに被さります。

big_boobs_5312-029s.jpg

「忘れられなくて、あれから、ずっと、順子さんのことが」
「えぇ、私も」
「勉強が手につかなくて、どうかしたんじゃないかって、友達にも言われたし」

首筋に、乱れた熱い息がかかり、幾らもしないうちに、濡れたくちびるを感じていました。

「いいの? 私で」
「順子さん以外、考えられないんです。大好きだから」

そんな彼の言葉に、誘われるようにして、彼の胸に向きなおすと、
自分から、背伸びをして、くちびるをねだりました。

kiss1.jpg

「ごめんなさい、人妻なの、あなたに抱かれるわけにはいかないし、
 キスだって、できないのよ」

そう言ったあの夜の言葉、もう、忘れた振りをしてしまったのです。

良い匂いのする、少し乱れた息遣いが感じられ、
僅かに触れ合ったくちびるを感じると同時に、背中に回されていた両手で強く抱き寄せられ、
歯があたる様にして、くちびるを重ねてきたのです。

「あぁん、駄目よ、もっと、やさしくして」

一度、彼の胸板に両手を当てて、そう言った後、
もう一度、背伸びをすると、舌先で、彼のくちびる、ゆっくりと、なぞったのでした。

彼以上に、息が乱れ始めたこと、自分でも感じてました。
なぞっていた舌先がくちびるを分けると、彼の舌を探す間もなく、
我慢できなかった彼のものが、私の舌先に絡んできたのです。

二人の、恥ずかしいほど乱れた息遣いを聞き合いながら、
お互いの舌を絡め、吸い、そして、唾液をすすり合いました。
頭の中に、うっすらとしたもやがかかり、
人妻としての貞操が、だらだらと、溶け出していくのが感じられていったのです。

d666b5251d8a8dca8979d52ce1105dfa-630x521.jpg


関連記事
14:59  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(6)
 | HOME |