FC2ブログ
12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

夜の黒川温泉4

2017.01.19 (Thu)


「駄目よ、順子さん、起きちゃうわ」
「大丈夫だよ。さっき見たら、寝てたから」

そんな、曇ったような二人の微かな話し声と、揺れるようなお湯の音が聞こえ、
うっすらと、目が覚めようとしていました。

夕食から戻ってきた後、ごろんとお布団に横になってしまった私、
お酒の酔いもあったんでしょうか、
そのまま、薄い眠りの中で、純君との、恥ずかしい夢、見ていたんですね。

b0853e66-s.jpg

「ああん。あなた」
「ほら、もっと」
「いやあん、そんな」

まぎれもなく、夫婦の営みの時、始まっているのがわかりました。
まぁ、何も、私の部屋でなくてもいいのにって、そうも思いましたが、
露天風呂に、二人で入ってて、そんなことになってしまったんでしょうね。

揺れるようなお湯の音に合わせて、悲しいような細い声が聞こえてきて、
私、恥ずかしいけど、思わず、下着の中に手、滑り込ませていました。

しっとりとした秘唇に指先を当てて、そっと開くと、
さっき見た、桃色の夢のためでしょうか、
とろりとした恥液、伝い流れたような気がしたんです。

濡れた指先が、今だけは、私だけのものである柔芽に添えられ、
自分の求める桃色のときに向かって、
自分でも驚くほど、焦りながら、摩りだしていたのでした。

17.jpg

「ああん、パパ、すごい」
切羽詰ったような、みどりさんの声に、思わず私、目を見開きました。

純君の腰に跨ったみどりさんの、夜目に浮かび上がるような、揺れる白い裸体、
そして、その白いお尻の間に、
さっきまで夢の中で、私が迎えていた純君の逞しい男の人のものが、
激しく見え隠れしていたんです。

1554-46s.jpg

「ああ、いっちゃうぅ」

「ほら、順ちゃんにも、見てもらうんだよ」

そう、言われながらも、みどりさん、くいっ、くいっ って、
嫌らしい、順君のもの、深く迎えるような腰の動き、
止めること、できなかったみたいで、

「あぁ、順子さん、見ないで」

って、順君の肩口に、噛り付いたのでした。

「ごめんなさい、順子さん。いっちゃうわ」

そう、言うと、細い首筋を仰け反らせ、がくっ、がくって、
強い麻痺に襲われた身体、見せたのです。

140527c_0029-580x870.jpg

けれど、そんな二人の姿、見せられたからでしょうね。
それまで以上に、激しく動いてしまった濡れた二本の指先と、
反対の手のひらで揉み上げた乳房からの快感に誘われ、

「ああん、わたしも」

そう、細い声をあげると、腰、跳ね上がったのでした。

順君、そんな私の恥ずかしい姿と、みどりさんの強い締め付けに、
我慢できなかったんでしょうね。
唸るような声を聞かせたと同時に、
みどりさんの背中が反り返るように強く抱きしめ、腰、押し付けたのです。


あぁ、みどりさん、今、出されているんだわ、
純君の、男の人の液、いっぱい。

でも、そう思った瞬間、思いもかけず、
自分の夫ではない純君の、その青臭い強い匂いを思い出し、
そして、その匂いに誘われるようにして、
わたし、身体を激しく仰け反らせると、
もう一度、目のくらむような悦びの頂に、昇り詰めていったのでした。

無題6



昨夜、純君とみどりさんが、身体を繋ぎ合っていた、
お部屋の露天風呂。
朝方の、乳白色の日差しが、すだれの向こうから、柔らかく射してきていました。

NqKUec.jpeg

わたし、浴衣を滑り落とすと、
何度目かの、湯殿に、身体を浸らせ、全身に染み通るようなお湯に、
目を細めたのです。

dd4381a9fe5be0ab1110bd26cd634f57-630x900.jpg

あぁ、恥ずかしかったわ。
仲の良い二人の、激しい夫婦の営み、見せられたのもびっくりしたけど、
それ以上に、我慢のできない自分の指先に誘われるがまま、
ひとりで、悦びに身体を悶えさせる姿見られたこと、
やっぱり、ひどく、いたたまれないことだったと思えたんですよ。

でも、まどろんでいるときに見てしまったような、
純君との、あってはならない過ちなかったことが、
せめてもの、幸いだったのかもしれませんね。

透明なお湯の下に揺れながら見える、
今は自分だけのものである白い乳房、そっと揉みあげると、
温泉がゆっくりと染み込んだきた身体に、
だんだんと、広がる淡い桃色の快感。

思わず、ひとつ、小さな息を、吐いたのでした。

993eba2a7c392ac16a4a663bbc197c30-630x371.jpg

関連記事
15:21  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(11)
 | HOME |