FC2ブログ
12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

夜の黒川温泉2

2017.01.12 (Thu)

NqKUec.jpeg

黒川の温泉旅館らしく、自然な木立の佇まいの庭が眺められる、
ちょっと、贅沢なお部屋の半露天風呂。

お部屋の中にも、檜のお風呂があるんですけど、やっぱり、風情がありますね。
純君たちが来るまで、まだ、時間があったので、
ゆっくりと、柔らかな温泉のお湯、楽しんでいたのでした。

1493-23s.jpg

「一緒にいいかなぁ」

突然、純君の弾んだような声が部屋の中で聞こえると、浴衣を脱ぐ音が察せられました。

「やだぁ、駄目よ。まだ、早いわよ」

そう、慌てて言って、湯船から立ち上がろうとしたのに、
純君、裸の身体、隠そうともしないで、入ってきて、
私の横に、音を立てて、滑り込むように入り込んでくると、
上手に背中に回り込んできたのでした。

「もう、駄目よ、みどりさんに叱られちゃうわ」

でも、そう言った時には、後ろから彼の手が回されてきて、
私の乳房に、しっかりと覆いかぶさってきたのです。

cf148b24-s.jpg

「相変わらず、巨乳なんだ。すごいね」
「ああん、やめてよ」

でも、なぜか、抗えなくて、
彼の、するがままに、乳房、いいように揉まれるの、許してしまっていたのでした。

胸元から沸き上がる、桃色の快感と摘ままれた乳首からの快感に、
思わず唇を開いて、甘い声を漏らしてしまうと、
待っていたように、頤に手を添えられて、キス、されてしまったんです。

ゆっくりと、唇を開き、挿し込まれてきた彼の舌と、
逃げ回っていた私の舌が、いつの間にか、絡み合い、
そして、懐かしい香りのする唾液、飲まされました。

a6dd3de1-s.jpg

「いけないのよ、昔と違うんだから」

荒くなった息の中で、やっと、そう言おうとしたのに、
「ちょっと、いいでしょ。昔みたいに」って、湯船の淵に座ると、
私の手に、自分の逞しい男の人のもの、握らせたんです。

あぁ、すごいわ。
昔のあのころと同じように、こんなに熱くしちゃって。
私、言われもしないのに、お湯の中に座りなおすと、
その、純君のものに、何度か頬摺りして、
先から滲みだしていた透明な液、そっと、舌先ですくい、
その、怒ったようなもの、ゆっくりと、お口に含んだんです。

18.jpg

「あぁ、いいよ」

って、気持ちよさそうな、純君の声。
もう、こんなにに大きくしちゃって、お口の中に全部入りそうもないわ。
少し涙目になりながら、私、一生懸命、髪を揺らし、舌を絡ませてあげましたよ。

「飲んでくれる」
「バカぁ、でも、そうしたら、今夜、私の身体、諦めてくれるの」
「そんなわけいかないよ。せっかくなんだから」

ザアって、私の脇に差し入れてきた両手で、身体、お湯から立たせると、
純君、後ろから抱きしめてきて、私の両手、湯船の淵に突かせたんです。

やだぁ、駄目だって、そう、身体、ひねろうとしたけど、
やっぱり、あの時のこと、あの時の私の身体、しっかりと、覚えていたからかしら、
少しの違いもなく、純君の男の人のもの、濡れそぼった私の秘唇、押し広げたのでした。

140507c_0018-580x326.jpg


関連記事
15:40  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(11)
 | HOME |