FC2ブログ
12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

産婦人科の診察台

2017.01.04 (Wed)


薄墨色の空気が、お部屋の中を満たしているように思え、
薄っすら瞼を開きましたが、ここが、どこなのかわかりませんでした。

ただ、自分の両足が、恥ずかしく開くようにしてあって、
ここは、あぁ、産婦人科の診察台なのがわかり、
そして、その周りに、何人かの人の気配を感じたのです。

28001.jpg

低い掠れたような声が、耳元に響きました。

「コメントのお礼に、やっと、抱かせてくれるんだね」

コメント? お礼?

そのことの意味を理解できないうちに、
白い太ももの付け根に、温かい人の肌を感じると、
自分の一番女性らしいところ、
男の人のもの、何の必要もないほど、
迎え入れる準備、しっかりと済ませていることがわかりました。

それに、混乱している私の両手が、
両脇に立っている男の人たちの腰に引かれると、
そこに突き出されていた、火傷をするほと熱く、太くなった男の人のもの、
しっかりと、握らされたのです。

「順子さんの中に、自分の精液、そのまま出せるだなんて」

そんな言葉と同時に、腰が押し付けられ、
何の抵抗もなく、彼の男の人のもの、身体の中に入ってきたのでした。

kar00425jp-2.jpg

「だめ!」

けれど、そう言いたくて仰け反ったお口の中には、
透明な液を滴らせた別の男の人のものが、押し入れられてきたのでした。

12c92dea.jpg

自分の身体の群がっている男の人たち、
それは、ブログにコメントを寄せていただいている方々なのでしょうか。

「なんて、締め付けるんだ」

幾らもしないうちに、そんな、曇った声が聞こえると、
自分の身体の奥に、温かな男の人のしるしが、注がれ始めたのがわかり、
それに、応えるように、私、正直に身体仰け反らせるしかなかったのです。

krmv00638jp-3.jpg

そして、同時にお口の中のもの、奥にまで突き入れられ、
粘り気のある強い匂いの精液が、喉の奥に噴出されると、
私、舌を絡めながら、名残の液、音を立てながら吸いたてていたのでした。

9ccff1be.jpg

秘唇から、驚くほどの量の精液が、滴り流れるのがわかりましたが、
代わった男性の男の人のものが、すぐにあてがわれてくると、
ちょっと、乱暴に突き動かされ始めたのでした。

resize_img (2)


今年の三が日、全国的にお天気にも恵まれて、良かったですね。
初日の出、初詣、そして、親戚との語らい、
どれも、気持ちの良いお正月でした。
皆様は、いかがでしたか。

姫はじめ。
女性の周期のことで、主人のこと、まだ、迎えていないんです。

でも、思いもかけず、ブログ「バージン★ママ」に、
コメントいただいている方々が夢に現れてきて、
ごめんなさい、恥ずかしい初夢だったんですよ。

昨年はいろいろと励ましていただいて、ありがとうございました。
今年もよろしく、お願いしますね。

4d8e12c6a.jpg








関連記事
10:03  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(11)
 | HOME |