FC2ブログ
12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

佐渡での数日3

2017.01.30 (Mon)


驚くほど、太い彼のものが、
おびただしく濡れそぼっているはずの私の肉壁を押し開きながら、
きしませるようにして入ってくると、
私、それでも、もっともっと、深く欲しかったのでしょうね、
彼の身体に跨っていた太ももを広げ直し、
二人の腰が、更に深く強く触れ合うように押し付けました。

そして、二度三度腰を浮かせて、
僅かの隙間さえないように、しっかりと彼と繋がるように、
収めなおしたんです。

sex_5165-013s.jpg

「あっ!」

って、声をあげてました。

待ち望んでいた彼のものの先が、
待ち望んでいた私の身体の一番奥の肉壁に届いたと分かったその瞬間、
身体の芯を、思いもかけない鋭いアクメが、走り抜けたからです。

5aefe2fd-s.jpg


思わず、逞しい彼の胸に両手を突いて、
自分では、どうしようもない、麻痺が治まるの、待とうとしたけど、
両腕の力が抜け、無駄なお肉のない、
彼の身体に覆いかぶさってしまうしかなかったのでした。

45f8ab75d179c66c09958998463b1987-630x472.jpg

「研一君、素敵よ」
「僕のもの、順子さんの中に」
「えぇ、そうよ。ほら、わかるでしょ?」
「はい、順子さんのもの、締め付けてくれてる」

そう言うと、彼の太いもの、私の中で、びくっびくって脈打って、
それに応えるようにして、締め付けている自分の肉壁がわかりました。

1554-46s.jpg

取り乱すことなく、私の方が、ゆっくりと教えてあげるはずだったのに、
ほんの一瞬の間に、立場が逆転し始めていたのかもしれませんね。

荒い喘ぎのまま、求められもしないのに、くちびるを重ねあいました。
彼、さっきは、あれほど、慌ててたのに、こうして、しっかりと繋がり合い、
幾らか、落ち着けたせいでしょうね、
ゆっくりと私のくちびる、味わい始めているようにも、思えました。

berochu_5205-012s.jpg

「見てみたい。順子さんの中に、僕のものが入ってるとこ」

何を求められても、彼の思うがままにしてあげてたと思います。
言われるがまま、きっと、虚ろな表情だっただろう私。

身体を起こすと、両手を後ろに突いて、彼の腰に、跨り直しました。
清潔な大きな枕を頭の後ろに当て直した彼、
目の前にある、自分のもの、しっかりと咥え込んでいる、私の恥唇、
もの珍しいそうな眼差しで、見つめていたのです。

d52eefd6160faadfd53064d7c2e62a36-630x832.jpg

そんな彼の眼差しを痛いほどに感じながらも、
くいっくいって、腰が嫌らしく、彼の腰の上を動き続けるのを、我慢できず、
自分の身体が求めるがままに、桃色の声、漏らし始めていたのでした。

「あなた、立派だわ」
「あぁ、順子さんの、すごい」

身体を起こしてきた彼に、息が止まるほど抱きしめられ、
むさぼるように、くちびるを重ね、そして、唾液を吸い合いました。
繋がったままの二人の裸体が、ベッドの上で跳ね上がり、
絡み合った恥毛が、音を立てるように擦れているようにも思えました。

もうろうとしたまま、ゆっくりと身体を寝かせられると、
膝が胸に着くほど太ももを押し曲げられ、一気に、彼のもの、
もう一度、身体の奥にまで突き入れられ、激しい動きが始まってしまったんです。

49aeb91439271b19b500cd34816294ca-630x444.jpg

乳房が、その動きのままに、揺れ動くのがわかり、
その揺れる乳房を、彼の広い両手が、ゆっくりと、揉み続けるの、抗えませんでした。

随分と、自分が年上ではあったはずなのに、
身体を繋げ合い、他人ではなくなった女にとって、
相手の男の人に、自分の身体を好きにさせるって、もう、仕方のないことだと、思えたんでしょうね。

「順子さん。大好きです」
「あぁん、研一君、私も」

人妻であるはずなのに、人妻として、夫以外の男の人に、言ってはならない言葉、
その時は、何の抵抗もなく、そう応えていたのでした。

「あぁ、出そう」

それまで以上に乱れだした荒い息と、私の身体を貫くように、強く突き入れだした腰の動きに、
彼の望む瞬間が、後、僅かで訪れることが察せられ、

「お願い、胸にかけて」

掠れてしまった声で、やっと、そう、言ったのに。

「ごめんなさい、中に!」

あぁん、駄目、もしかしたら、危ないかもしれないのよ。
それに、あんなに硬いものの先から、あんなに若い粘り気の強い男の人のしるし、
きっと、驚くほどたくさん。
赤ちゃんを望んでいるかもしれない、熟れた私の身体の一番奥に注がれたら。

もうろうとした、こころの中では、そう思っていただろうに、
けれど、息の詰まるほど抱きしめられ、くちびるを重ねられた身体は、
もう、注がれてしまうこと、仕方のないことのように、諦めてしまったのでした。

「あぁ、ごめんなさい」

抱きしめられていた彼の腕に、それまで以上に、強い力が加わり、
その時が、訪れたことが分かりました。

「あぁん、いいのよ。たくさん、出して」

そんな私の声に、誘われるようにして、
彼の逞しい腰が、私の太もも、これ以上は無理だと思えるほどを押し開き、
膨れ上がるように感じられた彼の男の人のもの、
肉壁の中で、とうとう、脈打ち始めたことがわかったのです。

切羽詰った彼の曇ったような声、耳元で熱い息の中で聞かせられ、

「お願い、一緒に!」

そう叫んだ私、注がれ始めた彼の男の人のしるしの温かさに誘われるようにして、
真っ白な悦びの頂に、昇り詰めていったのです。

02291.jpg




関連記事
16:11  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(9)
 | HOME |  NEXT